新規登録

シニアコム

新規登録

美しく活きる。 第7回

シニアコム編集部がMASTER会員さんにライフスタイルをインタビュー。

お客さんの言う事は聞かない(笑)

定年までのお仕事は何をされていましたか?

大手家電メーカーに新卒で入社して、定年まで約40年、ずっと営業をしていました。今の時代は珍しいかもしれないけど、僕らの時代は普通ですよ、定年まで勤め上げるっていうのは。能力がないから、1カ所しかだめなんですわ(笑)。

そんなことないです、すごいですね。長年ひとところで働いて、ご自身が大切にしていたポリシーみたいなものはありましたか?

ちょっと逆説的なんですけど、あんまりお客さんの言うことを、「はいはい」って聞きすぎないことかな。お客さんに、「ごもっとも」ばかり言ってると、結局こいつは骨のないやつやって思われて、お客さんも満足しなくなる。聞いているばかりで何も提案しないと、何も言ってくれなくなるんだよね。それでうまくいったことも、失敗したこともあったけど、お客さんとの信頼関係が一番大事って思っていたから、上手に関係性を作ることをいつも考えていたかな。

定年したら何をしようとか考えていましたか?

海外ロングステイを3ヶ月くらいしたいと思ってたんですよ。だから、定年のちょっと前くらいから、まずは語学をやらんとあかんと思って。NHKのラジオ講座をやりだして。時間が合わないのでカセットテープに録音したりもして、毎日やりましたよ。ロングステイはまだ叶ってないけど、英語だけは今も勉強しています。今は、フィリピンの方とスカイプで話せる便利なインターネットのサイトがあって、それがおもしろいので毎日やってます。日常会話くらいは気後れせずにできるようになったかな。

ヒーローはいない、公平なボート競技に夢中

ボート競技をやられているとか。

大学のときにずっとボートをやっていたんです。きっかけはサークルの勧誘で、当時では豪華なランチを食べさせてもらったっていう単純なことなんだけど、それでも始めてみたらおもしろくてはまったんです。ある程度スムーズに漕げるようになって、身体もついていけたから。大学時代はボートばっかりで、勉強はほとんどしてないよ(笑)。

それで社会人になってからはやってなかったけど、定年してからあるときOB会に参加して、後輩から今でもボート漕げるところがあるっていう話を聞いて。川崎の方の鶴見川っていうところに、横浜市の艇庫があるんですよ。そこに行くようになりました。いろんな団体があって、ほとんどが学生時代の経験者なんやけど、口コミでたくさん集まってくるんです。僕らのチームは「ボート団塊号」っていうチーム名で、今70名くらいいるかな。50代から70代くらいまで幅広くやってますよ。

ボートの一番の魅力ってなんですか?

8人乗りのボートが一番人気やけど、やっぱりスピードが速いところがおもしろいね。あと、8人が同じくらいの力量でないと、うまくボートが進まない。誰か一人がうまいとか、うまい人の人数を増やすとかしても、進まないんだよ。だから、そういう意味でヒーローはいないよね。非常に公平なスポーツだと思います。

野球でいうピッチャーとか、ホームランを打った人とか、その試合でヒーローになって次の試合も出れるとかあるけど、ボートはそういうのは一切ない。終わってしまえばそれでご破算。それでまた次になって、固定的なことはない。そういうのがいいんだよね。せっかく楽しもうと思ってボートを漕ぎにきてるんだから。みんな和気藹々やってます。今年も5月にある全日本マスターズっていう大会に出る予定です。8人乗りと2人乗りの競技に出るので、優勝狙って練習してますよ!

「疲れを知らないこどものように」

今ほかに挑戦していることはありますか?

料理をやってるんですよ。週に4回。家内の命令ですけど(笑)。日曜から水曜まで、朝昼晩ですよ。今は便利ですよね。インターネットのクックパッドがあればなんとでもなりますから。冷蔵庫に入ってる食材見て、それを検索したらすぐにレシピが出てくる。失敗することもあるんですけど、でもおもしろがってやることが大事やね。

最後にシニアコムを見てくださっている同世代の方にメッセージをお願いします。

月並みなんやけど、やっぱり好奇心をもって、なんでもやってみることが大事って思います。歌のフレーズにあるじゃないですか、「疲れを知らないこどものように」って。孫が4人いるんですけど、見ていていつも思うんです。なんでも手当たり次第に遊びに変えちゃう。本能的におもしろがるというか。彼らにはそんな概念はないと思うけどね。

どうしても大人はやる前にいろいろ考えちゃって、準備が必要とか、勉強が必要とかになっちゃう。楽しむためにどうするんやとか目的やお金やって言ってたら、いつまでたってもできないと思います。面白そうっておもったらやってみること、楽しむことよりもおもしろがることの方が先やと思いますよ。