新規登録

シニアコム

新規登録

美しく活きる。 第11回

シニアコム編集部がMASTER会員さんにライフスタイルをインタビュー。

「学び応援隊」で講座を開いています。

地域の皆さんに向けた講座を開き、講師をしていらっしゃるとか。

私の住んでいる足立区の地域学習センターで、毎月1回講座を開いています。講座タイトルは「楽しくノーカツ」とさせて頂きました。「ノーみそは カたくなったり ツまったり」というフレーズの頭文字をとって、「ノーカツ」ですね。固くなったりつまったりしたらまずいですから、少し刺激を与えるように、いろんな角度から物を見ることができるように、少し考えてみましょう、という1時間半の講座です。

どういったことを学ぶのですか?

講座は大きく分けて三ブロックで構成しています。第一ブロックでは、その月、時節に合ったテーマを、例えば、年初には暦や年中行事のこと、年末には流行語大賞のこれまでとか、ですね。第二ブロックは、中学1・2年生レベルの国語・算数・社会などのパズルで、10分程度で相談・カンニングしながら解ける問題を図書館やインターネットで調べて提供します。第三ブロックは懐かしのメロディーや替え歌などを5曲大きな声で歌います。とにかく面白いもの、楽しい物を選ぶようにしています。何より私が一番楽しんでいますよ(笑)。

自分自身、常にアンテナを張るようにしていて、生活の中から、パズルやクイズの要素を拾って、自分で問題を作ったりもします。地域の皆さんが集まって、わいわいがやがや楽しい雰囲気で一緒に考える。こういった輪が、少しずつ広がってくれたらいいなと思っています。

孤老の生活から抜け出すために

講師を始めるきっかけは何だったのですか?

社会人になってサラリーマンとして40年近く会社勤めをしました。コンピューターシステム関係の営業担当でした。そこから独立して自営業を始めたのですが、そこで大失敗をしまして、孤老の生活となりました。現役時代の人間関係もあり、そういった方々に頼ろうなんて甘い気持ちを持っていたのも、大間違いのひとつだったと思います。そこから完全にひとりになって、やっぱりドンと落ちました。

でも、これではだめだと思い転居したんです。その時に、自分の殻から抜け出さないといけないという自覚を強めまして、自分らしい生き方とは何か、何を生きがいとするのか、自分に何ができて何がやりたいのか、ということを考えたんですよ。そこで、多少は人様に教える、前に立って説明する、といったことはできるかもしれないと思ったんですね。

とてもご苦労なさったところから、そんな風に気持ちを切り替えることができるのは、すごいですね。

公文式の学習療法士の資格を取得したので、ある介護施設のサポートにしばらく行ったんです。それなりの意義や効果はあるようには思いますが、決まりきったステップ別の資料、問題に則ったやり方にいささか疑念を感じたんです。季節感やそのタイミングで必要と思われる新鮮度とでもいうものが提供出来ていないことと、あるレベル以下にまで落ち込む前の段階で、サロン型の雰囲気でワイワイ楽しく交歓しながら、活力を分かち合えるような場作りをしたい、と考えてこの講座を企画しました。

幸いにして、地域学習センターの方々からも全面的なご協力を頂戴して、今月(6月)で26回目となりました。8月からは別のセンターでも開講する予定になっておりまして、新らたな地域の方々にも楽しんで「ノーカツ」に励んで頂ければな、と思っております。

たまには裏側に回って物を見ること

これからも楽しく「ノーカツ」続けて行かないとですね。

あとは、これを何歳まで続けられるかですね(笑)。歳をとるとね、どうも我慢強さがなくなってきますから、私ももちろんそうですし。瞬間湯沸かし器とは言わないですが、継続して皆さんにご参加いただくために、ない知恵を回しながら組み立てているところです。

最後にシニアコムを見てくださっている方々にメッセージをお願いします。

シニアコムに会員登録していらっしゃる方は、それなりの楽しみ方をされていて、言わば恵まれた方々が多いのではないかと思うのです。でも、地域を回るとそうでない方も多くいらっしゃいます。ですので、広く地元の方々とのコミュニケーションを考えてみてもらいたいと思うんですよね。その中で自分のできることは何かということを。ご自身の持っていらっしゃるスキルが必ずあると思います。それが地域の方々とのコミュニケーションの道具となり、地域の方々に喜ばれることでもっと自分自身の生きがいにつながると思うんですよ。

うれしいこと楽しいこと、悲しいこと辛いことを積み重ねて、いつのまにか歳をとる、でも歳をとったらとったで身についているものが必ずあると思います。それを何かに使えないかと、いろんな角度で物を見て、いろんな角度で考えることから、何か人のためになる、人様にお伝えできるようなものが出来上がってくるんじゃないかと思っています。