新規登録

シニアコム

新規登録

粋なおやじと呼ばれたい vol.5

大人のイベントで嗜好のひと時を

梅雨の最中でも束の間の天気に心が癒されます。6月に自宅から撮影した黄昏時の夕焼け空のシーンです。

今年はエルニーニョ現象で冷夏と言われていますし、7月に入ってもまだまだ続いている梅雨はもう少しの辛抱です。そろそろあの灼熱の太陽が待ち遠しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回レポートいたしますのは、5月の終わりから6月にかけて東京で行われました数々のBRAND イベントから幾つか興味深いものをご紹介いたします。

オフィチーネ パネライがチャリティーオークションを開催(2015/5/27)

まずご紹介いたしますのは、男なら一度は手にしたい憧れを抱くイタリアン・ウォッチブランド「オフィチーネ パネライ(OFFICINE PANERAI)」のイベントレポートのご紹介です。

2015年5月27日(木)、オフィチーネ パネライは日本で2回目となるチャリティーオークションを開催しました。オークションを開催する在日イタリア大使館では、スペシャルエディション「 ラジオミール 1940 スリーデイズ-47mm パネリスティ フォーエバー」(PAM00532)、オフィチーネ パネライ 大阪ブティック スペシャルエディション「ルミノール マリーナ アッチャイオ-44mm」(PAM00588)、「ラジオミール S.L.C. スリーデイズ-47mm」(PAM00449)、「ルミノール サブマーシブル 1950 スリーデイズ オートマティック チェラミカ-47mm」(PAM00508)、「ラジオミール 1940 マリーナ ミリターレ スリーデイズ アッチャイオ-47mm」(PAM00587)、といったパネライの真髄が息づく稀少なタイムピースが出展されました。

また、スペシャルなオークションとして、イタリア本国のパネライ・ブティックに訪問し、ラグジュアリーホテルに泊まりビジネスクラスで行くツアーもサプライズとして急遽取り入れられ、今回のオークションでは、なんと落札金額は総額8,262,000円となり、その収益が、認定NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」と東日本大震災で被災した女性の雇用創出プロジェクトを推進する一般社団法人「スーパネスンスアカデミック」に寄付されました。

イタリア大使館会場でのオークションの模様。

オークション終了後にはゲストたちはフィンガーフードとイタリアンワインを楽しみました。

お問い合わせ・詳細はこちらまで:オフィチーネ パネライ TEL:0120-18-7110
http://www.panerai.com/ja/home.html

https://www.facebook.com/PaneraiOfficial?rf=106447879386944

バカラショップ 丸の内20周年記念レセプション(2015/6/3)

20周年を迎えたバカラショップ 丸の内を飾るウインドウディスプレイ。
「幻想の庭 Le Jardin de Baccarat」

バカラショップ 丸の内店内は「幻想の庭」と化しました。

贈り物や記念品としても人気のクリスタルブランドのBaccarat バカラ。バカラショップ 丸の内は20 周年を記念し、6/3(水)にバカラショップ 丸の内とB bar Marunouchiでは、顧客や文化人、関係者を交えてレセプション が開催されました。"Le Jardin de Baccarat"をテーマに花とグリーン、そしてバカラクリスタルが咲き誇る幻想の庭に生まれ変わり、訪れるゲストに癒しの空間を提供いたしました。

お問い合わせ・詳細はこちらまで:http://www.baccarat.com/

https://www.facebook.com/baccarat

ライカQ 発売記念イベント(2015/6/16)

LEICA.DAS WESENTLICHE.A PIONEER BY TRADITION.
会場は代官山蔦屋書店2階のAnjin で開催されました。

フルサイズセンサーと高性能な明るいレンズを搭載したLeica Q(ライカQ)のプレス向けローンチイベントが去る6 月16 日(火)、代官山蔦屋書店のAnjin にて行われました。プレゼンテーションでは、ライカカメラジャパン社の代表取締役社長福家一哲氏をはじめ、本場ドイツ本社のCEO や開発責任者など蒼々たるメンバーが顔を連ね、カメラを愛好するゲストたちと一時のカメラ談義で花を咲かせました。

また、今回の目玉となるトークショーでは、日本写真家協会会員で、大阪芸術大学と九州産業大学の客員教授でもあるハービー・山口氏、女性写真家の安珠さんがライカQやライカの魅力について語らい、現在フリーで活躍している元TBS アナウンサーの渡辺真理さんがMC を務め、和やかな雰囲気の中で行われました。少ない時間でしたが、カメラ談義とフィンガーフード、ドリンクなどをゲストたちは満喫していました。もちろんライカQ を実際に手にとってその描写力や重量感などを体験できるコーナーも設けられ、たくさんのファンが新型カメラのメカニズムに満足の様子でした。

左から:フリーアナウンサー渡辺真理さん、写真家ハービー・山口氏、写真家の安珠さん

写真手前が手にしっかりとなじむ大きさのLeica Q。多彩なアクセサリーも充実しています。

お問い合わせ・詳細はこちらまで:http://www.leica-camera.co.jp/

新メンズブランド「SCISSORS & BASS」とバッグ「VENTEA」の 期間限定サロン&レセプションPARTY(2015/6/26)

 

アート・ファッション・グルメの街-代官山。代官山ホワイトルームにて新メンズブランド 『SISSORS & BASS』及びバックブランド『VENTEA』デビュー記念として、6/20(土)~6/27(土) の8日間限定のサロン & レセプションが開催されました。

6/26(金)、代官山ホワイトルームの会場で行われたレセプションパーティーにお邪魔しました。

梅雨の雨が降る当日の夜、モデルやアーティスト、芸能人の方々など沢山の人が集まった会場では、素敵なJAZZY な空間はとても華やかに演出され、若手アーティストたちによるJAZZの生演奏が流れ、上西千波さんの飛び入り出演の生歌も聴くことができ、グラス片手に心地よい時間が流れていきました。

ミドル世代からの大人が楽しむ新メンズブランド『SCISSORS&BASS シザーズ&ベース』は、JAZZ の世界観をイメージソースとした、カジュアルラインの“WHITE LABEL”と、オーダースーツ含むドレスラインの“BLACK LABEL”の2タイプをお披露目しました。スーツ以外もネクタイやバッグ、更にメンズ用のまつ毛美容液などもあり,男性の美意識が高くなってきた現代を実感し、いい刺激を受けました。

展示されているCollection は今年の秋・冬のものですが、トレンドを先読みする上でも今後の傾向として是非チェックしたいと思います。

シャツは11,000 円~、ジャケットは24,000 円~、パンツは14,000 円~、コートは46,000 円~など値ごろ感があり、テイラードのものはセミオーダーが可能です。8月中旬から店頭に並ぶ予定です。

お問い合わせ・詳細はこちらまで:ヒューマンズブレイン株式会社 TEL:03-5458-1671

http://www.scissors-bass.com

今回のリポートは、如何でしたでしょうか?

最近のレセプションの傾向はそれぞれのブランドをPARTY という形で、顧客とのコミュニケーションをとっていく方向が増えてきて、参加することで気兼ねなく自然と商品のコンセプトが伝わるようになってきていますね。

またそこに集うゲストたちの雰囲気が相乗効果でイメージを上げていくので、かしこまったイメージではなく自分も参加しているような感覚になります。これからもイベントには積極的に参加していきたいと思います。

次回のレポートもどうぞ期待していていただければ幸いです。

日野火雅利のファッションコラム[ファッションイベントレポートとおススメコーディネート提案]

日野火雅利

日野火雅利 Kagari Hino
クリエイティブ・ディレクター

大学在学中よりFASHIONに特化したコマーシャル制作のスタイリングやファッション雑誌の仕事に従事。10年間編集プロダクション入社後、制作のプロとして企画から営業までのファッションのみならず、すべてのジャンルに関わる。なかなか経験のできない海外でのさまざまな取材、撮影のディレクションもこなし、ITではファッションサイトの立ち上げや、Men’s Fashion誌、Men’sブランドのクリエーティブ・ディレクション等企画からスタイリング、原稿制作など新規ビジネスの立ち上げも多く、営業開拓からはじまり既存顧客へのビジュアルマーケティング、広報企画などもアイデアを踏まえて提案。近年では富裕層向けに高級消費財作家・芸術家、レストラン等の企画取材のディレクション、雑誌制作の編集責任者として活躍後、現在FASHIONを中心に企画編集・制作等クリエーティブ・ディレクターとして活動中。