新規登録

シニアコム

新規登録

60代からはじめる韓国語がおすすめな理由

ここ数年で日本を訪れる外国人観光客も増え、LCC(低価格の航空便)の台頭で、海外旅行も気軽に行ける時代になりました。海外の文化に触れる機会が多くなったことで、60代になってから海外旅行や語学に興味を持ちはじめた人もいることでしょう。
特にお隣の国韓国は、2時間ほどのフライトで異国文化が楽しめ、焼肉やアワビ粥など口に合う食事も多いことから、シニア世代の旅行先としても人気のエリアです。
日本から近いとはいえ、いざ訪れるとなると気になるのが言葉の壁。韓国の観光エリアは日本語が通じやすいですが、多少韓国語を話せた方が楽しさもぐっと広がります。
ここでは、「韓国語に興味があるけど、60代から勉強をはじめても覚えられないのでは?」「英語も話せないのに、他の外国語なんてきっと身につかない」と考えている方のために、韓国語の勉強がおすすめな理由やメリットについてご紹介しましょう。

日本人にとって英語より韓国語の方が習得しやすい理由

中学校から勉強してもマスターできない英語より、60代からはじめる韓国語の方が覚えやすいといえる理由は以下の通りです。

文法が同じ

日本語を母国語とする人にとって、英語と韓国語の1番の違いは「文法が同じか、そうでないか」にあります。
たとえば「私は音楽が好きです」という文章を英語にすると「I(私) like(~を好む) music(音楽)」となり、日本語とは語順が変わります。日本語と英語は文法が違うため、単語のほかに「SVO」という文型を覚えなければなりません。
これが韓国語の場合では「チョヌン(私は)ウマグル(音楽が)チョアハムニダ(好きです)」となります。日本語と言葉の並びや文法が同じであるため、単語を覚えるだけで話せるようになるのです。

日本語とまったく同じ単語が多い

韓国語と日本語は、どちらも中国語から影響を受けている言語です。そのため、実は意味も発音もほとんど同じ単語がたくさんあります。
「家族」は「가족(カジョク)」、「約束」は「약속(ヤグソク)」、「時間」は「시간(シガン)」、「気分」は「기분(キブン)」、「雰囲気」は「분위기(プニギ)」など、漢字読みの単語はほぼ日本語と同じように使うことができるのです。

ハングルを覚えるのは意外とかんたん

「読みや文法は同じかもしれないけど、ハングルを覚えるのが大変そう」と考える方もいるでしょう。一見すると記号のようで、何が書いてあるかわからないハングルですが、実はルールがシンプルで、とても覚えやすい文字であることはあまり知られていません。
ハングルは比較的新しく開発された文字でローマ字と構造が似ており、1度ルールを覚えてしまえば、意味はわからなくても結構かんたんに読めるようになるのです。早い人なら、1週間もかからずに読める人もいます。
例を挙げると、「家族」を意味する「가족(カジョク)」の「가(カ)」は、「ㄱ」と「ㅏ」に分解できます。
「ㄱ」はカ行の発音で、アルファベットの「k」と同じ役割です。「ㅏ」は「ア」、アルファベットの「a」と同じなので、2つ合わせた「가」は「ka」、「カ」と読めるとわかります。

日本語と文法や単語が似ていて、ハングルもルールを覚えれば読めてしまう韓国語。日本人にとって、かなり覚えやすい外国語であるといえるでしょう。

韓国語を学ぶとこんなメリットがある

韓国語が少しわかるようになると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

韓流ドラマを観るのが楽しくなる

コメディから時代ものまでバラエティ豊かで、演技派の俳優が揃う韓国ドラマ。韓国語に興味を持つきっかけとして、多くの人が韓国ドラマの存在を挙げています。単純に見ていて楽しいうえに勉強も兼ねられ、耳が慣れてくると、字幕なしで会話が聞き取れるようになるため、韓国語の知識が増えるほどに楽しさが何倍も広がります。

韓国旅行でお得な体験ができるかも?

韓国旅行は旅費がリーズナブルで、地域によっては国内旅行よりも安い価格で行くことができます。日本語も通じやすいですが、韓国語で話しかけると現地の人はとても喜びます。屋台や市場で値段交渉したり、時にはおまけをもらったりといったお得な体験ができるかもしれません。韓国語が少しわかれば、観光地以外の穴場スポットにも行きやすくなります。

ハングルがわかるとお土産選びの幅も広がる

「『ありがとう』や『こんにちは』など、簡単な挨拶はできるけどハングルは読めない」という人は、ぜひハングルのルールを覚えて、読めるようになってみましょう。
ハングルが読めると、食品の材料や化粧品の成分などもわかるため、「お土産に買ったけどこれは何だろう?」と後で困ることがありません。日本のスーパーで売っている韓国食材も、ハングルが読めるとちょっと楽しくなりますよ。

まとめ

日本語と非常に似ていて、旅行やドラマ鑑賞といった趣味も広がる韓国語は、60代からはじめても覚えやすく、独学で学ぶことも充分可能です。過去に英語で挫折した人や、海外文化に興味のある人は、ぜひ韓国語の勉強にチャレンジしてみてくださいね。

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    消費税増税に伴い、メインとする支払い方法は何ですか?

    1つを選んで回答してください。





    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /