新規登録

シニアコム

新規登録

更年期障害を我慢しないで!辛い時は医療のサポートを!

「更年期障害は数年我慢すればよくなるものだから、体調が悪くなるのは仕方がない」「皆に起きていることだから、特別に治療が必要なものではない」と思っていませんか?
確かに更年期障害は1年~数年で症状が落ち着くことが多いですが、症状の重さは個人によって異なりますし、人によっては日々の生活すら辛くなってしまいます。
ですから仕方がないことと思ってしまうのではなく、辛い時には医療のサポートを受けることも大切です。
今回は、更年期障害が起こる原因や症状、治療について紹介します。
これから更年期を迎える方、現在更年期障害で悩んでいる方は是非ご覧ください。

更年期障害はホルモンバランスの変化によっておこる

更年期とは、女性の体が子供を産める時期と産めなくなる時期の移行期間のことです。
一般的に閉経前5年間~閉経後5年間の計10年間のことを言い、多くの日本人では45~55歳でこの時期を迎えます。
更年期障害はこの次の2つの原因が複雑に絡み合って起こります。

①エストロゲンという女性ホルモンの減少
②女性に身の回りの起こる環境の変化

エストロゲンとは、卵巣から分泌される女性ホルモンです。
女性の体か子供を作れる時期には卵巣の働きも活発で、エストロゲンもたくさん分泌されています。
このエストロゲンの分泌量は、生理周期に合わせて、脳からの指令によって増えたり減ったりしています。

年齢を重ねると卵巣の働きが弱くなり、それと同時にエストロゲンの分泌量も減ってしまいます。
すると脳は「エストロゲンの量が増えないな。もっとエストロゲンを出させないと!」と思ってしまい、エストロゲンを出す指令をより強く出してしまいます。
こうして過剰に出された脳からの指令が、女性の体に影響を与え、更年期障害が起こると考えられています。

また、更年期に当たる時期は女性にとって変化の大きな時期でもあります。
仕事をしていれば責任のある仕事を任されるようになったり、家庭では子どもが思春期にさしかかったり自立したりして関係が変化するなど、それまでとの環境と大きく変わる人も多いです。
ホルモンバランスの変化に加えこれらの変化で体や心が大きなストレスを感じ、更年期障害を引き起こす原因となります。

更年期障害の症状は人によってさまざま

更年期障害で現れる症状は個人差が大きく、人によってさまざまな症状を訴えます。
また、同じ人でも日によって現れる症状やその度合いは異なります。
具体的には次のような症状が聞かれます。

・肩こり
・疲れやすい
・頭痛
・ホットフラッシュ(急にほてりやのぼせを感じる)
・腰痛
・手足の冷え
・動悸
・イライラしやすい
・憂うつな気持ちになる
・めまい
・夜に眠れない
・吐き気や食欲の減少
・皮膚の乾燥やかゆみ

これらの症状は不定愁訴(ふていしゅうそ)といって、症状は感じるもののそれぞれの部位に病気は見つからないという特徴があります。
特に日本人女性では肩こり、疲れやすい、頭痛、ホットフラッシュ、腰痛などの症状を訴える人が多いです。

更年期障害にも治療法がある

更年期障害の治療は、少なくなったエストロゲンを補充する治療(ホルモン補充療法)が最初に選択されます。
しかし更年期障害で現れる症状は、他の病気で現れる症状に似ているものもあります。
例えばうつ病、甲状腺の病気、がんなどです。
ですから更年期障害の治療を開始する前には医師の診察によってこれらの病気ではないとまず確かめることが大切です。
その際には問診や採血によるホルモンの検査などが行われます。

他の病気の可能性が低いと医師に診断された場合には更年期障害の治療を開始していきます。
先ほどのご紹介したように、更年期障害の治療ではホルモン補充療法を最初に行うのが一般的ですが、患者さんによっては漢方薬や向精神薬による治療、カウンセリングなどが行われることもあります。

ホルモン補充療法ってどんな治療?

ホルモン補充療法とは、その名の通り少なくなったホルモンを補充する治療法のことです。
更年期障害をはじめ、骨粗しょう症や脂質異常症の治療でホルモン補充療法がおこなわれることもあります。

この治療では更年期障害の症状を抑えるためにエストロゲンの薬を投与することになります。
エストロゲンの薬は飲み薬、貼り薬、塗り薬のタイプがあり、それぞれの人に合わせたタイプの薬が処方されます。

ただ、ホルモン補充療法でネックとなるのは「エストロゲンは子宮体がんの発症リスクを高めてしまう」という点です。
そこで、子宮がある女性にはプロゲステロンという女性ホルモンも一緒に補充してあげる治療が行われています。
プロゲステロンはエストロゲンとバランスをとって作用する女性ホルモンで、エストロゲンと一緒に投与することで子宮体癌の発症リスクを上げることなくホルモン補充療法が受けられるようサポートしてくれます。
何らかの理由で子宮がない女性に対しては、プロゲステロンの投与は行われません。

ホルモン補充療法は更年期障害の救世主のように感じますが、実は過去に婦人科のがんや一部の病気になったことがある人はホルモン補充をすることでそれらの病気を悪化させてしまう可能性もあります。
そのためホルモン補充療法を受ける前には、過去~現在の病気について医師にきちんと報告するようにしてくださいね。

まとめ

更年期障害は「たかが更年期障害」と思われがちですが、人によっては日常生活もままならないほど辛い症状が現れることもあります。
「誰にでも起こることだから」と我慢せず、医師に相談してみてくださいね。
体の状態によって受けられる治療法が変わるので、医師には過去の病気などを隠さず話すことも大切ですよ。


この記事を書いたのは
nobi-non さん

臨床検査技師
総合病院で約10年間、患者さんの検査の仕事をしていました。
医療の国家資格を生かした正確な医療情報や、女性の快適な暮らしをお手伝いできるような情報を提供しています。

https://nobinobi-nonchan.com/

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    終活年賀状(年賀状じまい)について

    1つを選んで回答してください。






    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /