新規登録

シニアコム

新規登録

シニアに人気の「健康麻雀」とは?はじめ方や効果を解説

「麻雀」と聞くとどんなイメージが浮かびますか?
お酒を飲みながら、喫煙をしながら、金銭を賭けて遊ぶギャンブル、というイメージが根強い人も多いのではないでしょうか。

しかし、最近では認知症予防であり、新しい交流の場として麻雀を楽しむシニア層が増えてきているのです。それがお酒も煙草もお金も絡まず、ゲームとしてスポーツとして麻雀を楽しめる「健康麻雀」。

頭と指先の運動になる麻雀は、健康維持につながりあまり激しい運動のできないシニア層でも楽しく遊ぶことができます。
ここではシニアにおすすめの「健康麻雀」とは一般的な麻雀と何が違うのか、健康麻雀をはじめるメリット、気になる料金やはじめ方などをご紹介します。

今健全に麻雀が楽しめる「健康麻雀」が人気

健康麻雀を一言で説明するとずばり「飲まない、吸わない、賭けない」麻雀です。お酒や煙草、そしてお金が絡まない「3つのない」をモットーにしたクリーンな遊び方で麻雀を楽しめます。

最近ではそのゲーム性の高さ、健康面での効果が注目され、老人ホームでも交流の一つとして採用されたり、健康麻雀の教室が開かれたりと全国的に勢いを増しています。

健康麻雀は認知症・介護予防対策にも注目されている

健康麻雀は特に次の3つの理由から、シニア層に高い注目を集めています。 何か新しい趣味をはじめたい人や、いろいろな人と交流してみたい人にこそぴったりの趣味なんです。

役を考えることで脳が活性化する

麻雀は14枚の牌をそろえて役を作るゲームです。この役の種類だけでも数十種類があり、配られた牌からどうやって役に近づけていくのか思考をし続けます。

また相手の役を予想し、先にあがられないように捨て牌を考えるなど、深い思考による駆け引きが楽しいゲームです。

この思考こそが脳が活性化され認知症予防につながるのです。また役ごとの特典計算など、計算力も必要です。実際に健康麻雀によって脳の前頭葉が活性化し、集中力、注力アップ効果があることが論文でも発表されています。

ほかのメンバーとの楽しい会話

麻雀は基本的に4人で卓を囲むゲームです。ゲーム中はもちろん、みんなで卓を囲むことで自然と会話が生まれ交流が広がっていくのも健康麻雀の楽しみ方。

いろいろな人と話すことは脳にとって刺激であり、何より楽しい気持ちになりますよね。特に定年を迎え、家にいる時間が長くなってくると自然と新しい人との交流やつながりが減ってしまうもの。以前よりも体力が落ち、どうしても引きこもりになりがちな人も少なくありません。

健康麻雀は体力をあまり使わず、スポーツのように勝負を楽しめるテーブルゲーム。さまざまな人と会話や交流を楽しめるので、新しい友達を作りたい人にもおすすめです。

指先を使って認知症予防につながる

麻雀は指を使って牌を動かします。この指先を活発に動かすことで、脳も活性化し認知症予防につながります。指先は第2の脳と呼ばれるほど、脳につながる神経が多く集まっています。指で牌を触り、細かく動かすことが自然と脳の体操になるのです。

健康麻雀のはじめ方!どこで・費用はいくら?

健康麻雀をはじめたいけれど、どこに行けばできるのか、雀荘に行くのは不安という人も多いのではないでしょうか?
結論をご紹介すると、健康麻雀のために分煙を進めている雀荘、昼間だけの営業をしている施設もあります。 そのため、年代性別問わず通いやすく、楽しく麻雀ができる場所が増えてきているので、ぜひ近くで健康麻雀ができるところを探してみてください。

健康麻雀はフリー雀荘で気軽にはじめられる

健康麻雀はフリー雀荘で、誰でも気軽に始めることができます。フリー雀荘とは、麻雀を打ちたい人たちが集まり卓を囲んで自由に遊べる場所。
最近は健康麻雀専用で、昼にだけ営業をしているところ、分煙をしているところから完全禁煙で健康麻雀のみを扱っている店舗も増えてきました。

また、公共施設でも健康麻雀を実施しています。日本健康麻雀協会では、健康麻雀を扱っている店舗を紹介しているので近くの雀荘に足を運んでみてはいかがでしょうか?
参考:日本健康麻雀を開催している会場マップhttp://www.kenko-mahjong.com/search/

参加費用は1,000~2,000円程度!初心者教室も人気

一般店舗の雀荘の場合、参加費用は1時間あたり1,000円~2,000円で遊ぶことができます。
麻雀1ゲームあたりの料金は雀荘によって違いがあるものの、公共施設の卓ならなんと数百円で遊ぶことも可能です。

また、きちんとルールを学んではじめたい人に向けた健康麻雀の初心者教室も雀荘や公共施設で開催されています。麻雀のルールを覚えながらいろいろな人と交流できるので、いきなりフリー雀荘に行くことは抵抗がある人は、初心者教室を探すこともおすすめです。

まとめ

健康麻雀は指先を動かし、役を考えることで脳を活性化させ認知症予防につながります。特にシニア層の間では、安心安全に交流しながら楽しめるゲームとして健康麻雀を楽しむ人口が増えてきました。

雀荘や公共施設に行くので特別な道具を購入する必要もなく、低予算ではじめられるのも健康麻雀の魅力。ルールがわからなくとも健康麻雀の初心者教室も増えているので、未経験者も楽しく勉強しながらプレイできます。

年をとっても健康で楽しく過ごすためにも、趣味の一つとしてぜひ健康麻雀をはじめてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたのは
五十嵐アキト さん

日本化粧品検定1級
コスメが好きな美容ライター。アニメや漫画、小説、映画などサブカルチャーもこよなく愛してます。趣味はイラストと動画制作です。

Twitter:@ia__writer

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    消費税増税に伴い、メインとする支払い方法は何ですか?

    集計期間:2019/10/02〜2019/10/31

    現金

    31%

    電子マネー

    17%

    スマホ決済

    6%

    クレジットカード

    46%

    合計投票数:818票

  • \ お得な情報を配信中! /