新規登録

シニアコム

新規登録

グリーンのある生活を楽しもう!初心者のための「テラリウム」の基本をご紹介

室内で育てる植物は「癒やしや育てる喜びを与える・インテリアになる・空気を浄化し加湿調整をする」など私たちの生活に潤いをもたらします。
今回ご紹介する「テラリウム」は室内でできる園芸の一つです。近年、気軽に始められる趣味として人気のテラリウムをご紹介しましょう。

テラリウムは「小さな自然の世界」

テラリウムとは、ガラスの容器に植物や生物を入れて、飼育や栽培を楽しむ園芸スタイルの一種。容器の大きさは両手に収まる小さなものから、横幅1メートル超の大きなものまでさまざまです。

限られたスペースの中に好きな生物を入れ、「自分好みの自然の世界を作ることができる・部屋のインテリアとして活用できる」などの理由から、近年テラリウムを趣味として楽しむ人が増えています。

はじまりは19世紀ヨーロッパ

19世紀のイギリスを中心とするヨーロッパでは、植物ハンターが中南米・アジア・アフリカ地域から珍しい植物を見つけ、貴族のもとへ運んでいました。しかし、当時の技術では長期間の船旅と海水の塩分により、目的地到着までに多くの植物が枯れてしまいました。

この問題を解決し、現在のテラリウムの起源とされるのが「ウォードの箱」。植物学者で医者でもあるナサニエル・バグショー・ウォードは、密閉したガラス瓶の中に土とシダを入れ、水を1回も与えずに約半年間の船旅を続けても、シダが立派に育っているのを発見したのです。

密閉された空間で土や葉から出る水分が容器内で循環し、植物の水分として再利用されるこの仕組みは当時の大きな発見となりました。

アクアリウムやコケリウムとはどこが違う?

テラリウムは、植物や陸上生物の生態系の世界を容器の中に再現したものです。生態系を再現する飼育設備の仲間には「アクアリウム」や「コケリウム」などの似た用語があるので、混同してしまうかもしれません。どのような種類があるのか見ていきましょう。

アクアリウム

水生生物を飼育する設備です。水槽の中に水や水草を入れ、観賞用の淡水魚や海水魚を飼育するスタイルです。

アクアテラリウム

アクアリウムとテラリウムが合併した言葉です。その名の通り、アクア(水)とテラ(陸)の水陸両用が特徴で、水中では熱帯魚など、陸上では好みの植物を植えて2つの世界を楽しみます。

コケリウム

テラリウムの一種で、「苔」に特化した栽培方法です。複数の植物を植える必要がないので、メンテナンスはほぼ不要。気軽にはじめられる理由からもテラリウムと同様に人気があります。

テラリウムを作ってみよう!

テラリウムでは植物の育成と陸上生物の飼育ができますが、ここでは簡単に始められる「植物のみを育てる小さなテラリウム」で、植物以外で基本的に必要なものや手順をご紹介します。

ガラス瓶

デスクや棚の上において鑑賞するなら、ガラス瓶を用意しましょう。家にある利用できる空き瓶、100均やホームセンターで販売されている瓶など何でもかまいません。

あまり小さい容器を選ぶと複数の植物を入れることができませんので、少なくとも10㎝以上幅のあるものを選ぶとよいでしょう。流木や岩をセッティングするなら、上部の窓口が広いテラリウム専用水槽がおすすめです。

土・根腐れ防止剤

土は容器に入れる植物によって異なりますが、「培養土・腐葉土・赤玉土・水苔・砂・石」などが一般的。砂を使うならおすすめは「コーラルサンド(サンゴの砂)」。

白が主流ですが、ピンクなどの色つきもあるので、明るい雰囲気のテラリウム作りには最適です。使用する瓶の底には、花を育てる鉢のように鉢穴がありませんので、「根腐れ防止剤」を必ず入れておきましょう。

アクセサリー

小さな容器に自然界を再現するなら、小枝・石・岩・流木などを飾りましょう。流木は腐敗防止のために、人工ものが便利です。また、松ぼっくりや思い出の貝殻などの素材を入れると、より楽しい雰囲気になるでしょう。

その他

容器の中におさめるものを調節したり、カットしたりするときに使う「ピンセット・割り箸・ハサミ」、水を与えるための「霧吹き」などがあると便利です。

手順

テラリウムは、下に配置するものから容器に入れるのがポイントです。底から「根腐れ防止剤・土・植物・アクセサリー」の順番で入れましょう。排水性を重視するなら、根腐れ防止剤と土の間に石や砂利を入れるとよいでしょう。

美しく維持するための注意ポイントは?

テラリウムの中の植物を元気に育てるためには、直射日光の当たらないカーテン越しの適度な日なたが最適です。水やりは「表面の土が白くなり、乾いているのを確認してから」がポイント。ただし、鉢穴がないので水やり間隔は長めに空けてください。特に気温の低い冬場は控え目におこないましょう。

テラリウム作りにおすすめの植物は?

一つの瓶に複数の植物を入れるなら、それぞれの相性が大切です。テラリウムでよく使われる湿気を好む植物は「コケ・食虫植物・蘭・アジアンタム・リュウビンタイ」など。また、乾燥を好む植物には「多肉植物・クロトン・サボテン」などがよく使われます。

まとめ

テラリウムは観葉植物や鉢植え植物と違い、限られたスペースの中で自分の世界を作り出せることに面白みがあるといえるでしょう。小さなテラリウム作りに慣れてきたら、大きな容器でトカゲやクワガタなどの飼育もできますよ。テラリウムでオリジナリティ溢れる自分だけの箱庭を作ってみませんか?

この記事を書いたのは
牧野玲子 さん

生まれも育ちも北海道札幌市。夫・長女・大きなオスのトラ猫と暮らしています。趣味は、テニス・ゴルフ・ドライブ・ガーデニング。苦手なものは、高い所とジェットコースター。

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    消費税増税に伴い、メインとする支払い方法は何ですか?

    集計期間:2019/10/02〜2019/10/31

    現金

    31%

    電子マネー

    17%

    スマホ決済

    6%

    クレジットカード

    46%

    合計投票数:818票

  • \ お得な情報を配信中! /