新規登録

シニアコム

新規登録

似合う色を知ってより若々しく!パーソナルカラー診断のススメ

最近、以前から着ていた服がなんとなく似合わなくなってきた、似合うと思って買った服がいまいちしっくりこない…そんな悩みをお持ちの方はいないでしょうか。
これは、もしかすると「色」が原因かもしれません。自分が好きな色と似合う色が実は異なることもあるのです。そんな方は「パーソナルカラー診断」で本当に自分に似合う色を見つけてみませんか?

自分に似合う色を知りたいなら「パーソナルカラー診断」

はじめに、パーソナルカラー診断とはどんなものなのかを知っていきましょう。

パーソナルカラー診断とは

「パーソナルカラー」はその名の通り、「その人自身の色」という意味。人は肌や髪、瞳の色など「自分の色」を持っています。この自分の色を知るために行われるのが「パーソナルカラー診断」です。

パーソナルカラーがわかると、自分に本当に似合う色、似合わない色を知ることができます。

パーソナルカラーを知る方法

パーソナルカラーを知るためにはいくつかの方法があります。

まずはインターネットで簡易的に診断を行う方法。いくつかの質問に答えていくだけで、自分に似合う色を知ることができます。

また、美容院やサロンに専門知識を持った人がいる場合があります。サロンによっては「パーソナルカラー診断」のメニューを用意している場合もあるため、しっかり診断してもらいたい方はサロンに足を運ぶのが確実。
この場合には、パーソナルカラーを診断した上でアドバイスを得られる、というメリットもあります。

パーソナルカラーを知るメリット

パーソナルカラーを知るメリットを4点ご紹介します。

似合う服の色、メイクの色がわかる

パーソナルカラーを知ると、自分に本当に「しっくりくる」色がわかります。
服の色ももちろんですが、メイクに診断結果を生かすこともできるので、どんな色を選んだら良いのかがわからず、いつも迷ってしまう方にとっては、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

血色良く・顔色が明るく見える

自分に似合う色を顔の周りに持ってくると、血色がよく、顔色が明るく見えるメリットもあります。顔色が良く見えると、周りの人にも健康的でイキイキとした印象を与えることもできるのです。
逆に、似合わない系統の色を身につけてしまうと、血色が悪く見える場合があるのですが、このような状況を未然に防げるのもメリット。

シミなど肌悩みが目立ちにくくなる

顔の血色がよく見えることによって、シミなどの肌悩みが目立ちにくくなるメリットもあります。
さらに、顔色が明るくなると自然と笑顔も増えるはず。笑顔が素敵な人は、多少シミやシワがあったとしてもあまり気になりませんよね。

顔立ちがスッキリ見える

また、自分にしっくりくる色を身につけることで、不思議と顔立ちがスッキリ見えるメリットもあります。顔立ちがスッキリ見えるだけで、いつもより小顔な印象を与えられます。

このように、身につける色を変えるだけで、人に与える印象を大きく変えることができます。

パーソナルカラーの4タイプを説明

パーソナルカラー診断には、「4つのタイプ」があります。ここでは、どのタイプがどんな特徴を持っているのかをご紹介していきます。

スプリングタイプ

黄みを帯びた肌を持ち、明るくカラフルな色が似合う方は、「スプリングタイプ」に分類されます。

スプリングタイプは、黄みをベースとした、明るく鮮やかな色が似合う傾向があります。
例えばオレンジやコーラルレッド、コーラルピンク、エメラルドグリーン、ターコイズブルーなど、似合う色合いのバリエーションが非常に多くありますが、特に明るい色や鮮やかな色を選ぶと顔色が明るく引き立つため、若々しい印象を与えられます。

逆に、青みが強い色やくすんだ色、暗い色が苦手。このような色を顔まわりに持ってくると肌がくすんで見えてしまう場合があるため注意しましょう。

サマータイプ

青みを帯びた肌を持ち、柔らかい色が似合う方は「サマータイプ」に分類されます。

基本的には、青みがかった淡いパステルカラーやくすみ感のある、あまり強く主張しない色がよく似合う特徴があります。例えばパステルピンクやローズピンク、ミントグリーン、ターコイズグリーン、オフホワイト、ブルーグレーなど。このような色を身につけると肌の透明感がアップしたような印象を与えられます。

逆に、鮮やかな色や黄みが強い色を顔周りに持ってきてしまうと、肌のくすみを目立たせてしまうことがあるため注意が必要です。また、暗い色も苦手とする傾向もあります。

オータムタイプ

黄みを帯びた肌を持つ中でも、深みのある色が似合うのが「オータムタイプ」と呼ばれるタイプです。

黄みがかった濃くて落ち着きのある色を得意とするタイプなので、ダークブラウンやモスグリーン、マスタード、ベージュといった温かみを感じられる色がよく似合います。また、アースカラーも得意な色です。

逆に、青みが強い色や鮮やかでカラフルな色はあまりおすすめできません。パステルカラーなどの薄い色も苦手とする傾向があり、顔色が悪く見えることもありますので、特に顔まわりに持ってこないように注意しましょう。

ウィンタータイプ

青みを帯びたブルーベースの肌を持つ中でも、青みがかった鮮やかな色が似合うのが「ウインタータイプ」。

ウインタータイプは、青みがかった濃くはっきりした色が似合いやすい特徴があります。例えばワインレッドやショッキングピンク、コバルトブルー、ボルドー、シルバーグレー、ブラックなど非常にはっきりした色がおすすめ。

逆に薄い色や黄みが強い色、ベージュなど薄い色を苦手とする傾向があります。これらの色は顔色をくすませたり、血色が悪く見える場合があるため注意が必要です。

似合う色とともに「ブサイクに見せてしまう」色も知っておく

ここまでパーソナルカラーの4分類をご紹介してきましたが、似合う色とともに苦手とする色も一緒に説明してきました。
このように、パーソナルカラー診断を行うと、「自分に本当に似合う色」がわかるとともに「自分が似合わない色」を知ることができるのも大きなメリットとなります。

似合わない色を顔の周りに持ってきてしまった場合、肌がくすんで見えたり、老けて見えてしまったり、顔色が悪く見えるなど、自分を「ブサイクに」見せてしまうことがあるため注意をしたいもの。
服やメイクがしっくりこない場合には、自分が苦手なタイプの色を選んでいる場合があります。その場合は少し色を変えてみるだけで驚くほど印象が変わることもあるので、「自分に似合わない色」を理解しておくのもとても大切です。

また、パーソナルカラーから考えると似合わないけれど、どうしても使いたい色がある場合、小物など顔まわりから離れた場所で使うという判断もできます。このような判断ができるようになるのも、パーソナルカラーを知っているからこそ、と言えるでしょう。

本当に似合う色は、明るく、若々しく見せてくれる

本記事では、パーソナルカラー診断についてご説明してきました。 自分に似合う色、似合わない色を知ることで、人に与える印象を変えられるとともに、「似合うと思って買ったのにしっくりこない」といった失敗を未然に防げます。
洋服や化粧品を選ぶ際に非常に役立つ知識なので、ぜひいちど診断を受けて、自分のパーソナルカラーを知ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたのは
いわぶちあきこ さん

地元タウン情報の編集部にて編集者として働いたのち、生命保険会社での勤務を経て結婚を機にフリーライターに。趣味はカメラ、読書、ロードバイク。夢はフランスでツール・ド・フランスを観戦すること。

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    消費税増税に伴い、メインとする支払い方法は何ですか?

    集計期間:2019/10/02〜2019/10/31

    現金

    31%

    電子マネー

    17%

    スマホ決済

    6%

    クレジットカード

    46%

    合計投票数:818票

  • \ お得な情報を配信中! /