新規登録

シニアコム

新規登録

辛い更年期障害 シニア世代の最善治療はホルモン補充療法?低用量ピル?

更年期障害はなぜ、おきる?

閉経時期の前後5年、全10年が平均的な更年期間といわれています。年齢でいえば、45~55歳。
この時期に女性ホルモンのエストロゲン減少によるほてり、発汗、のぼせというような更年期特徴の症状が出現。
エストロゲン減少によっておきた諸症状がQOL(生活の質)を低下させた場合、更年期障害と診断されます。
エストロゲン減少は45歳以前から始まっており、それを症状として実感するのが50代に突入する前ぐらいです。(個人差は大いにあり)
エストロゲン減少は更年期障害の諸症状だけでなく、骨粗鬆症、高脂血症などにも罹患しやすくなります。
また、美容面でも薄毛、肌荒れの原因にもなります。

そこで、エストロゲンの減少を少しでも食い止めることができればいいのですが、それには大きく2つの方法があります。
○ホルモン補充療法(HRT)ホルモン補充量
○低用量ピル

次でわかりやすく解説します。

ホルモン補充療法と低用量ピルの違い

どちらもエストロゲンを使いますが、年齢や使用する意味合い」が若干、異なります。 シニア世代の方はホルモン補充療法のやり方でエストロゲンの補充を行います。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法は更年期障害や委縮性膣炎、骨粗鬆症であれば、健康保険で対応できますが、美肌とか美髪などの美容面改善が目的であれば、健康保険適用にはなりません(100%自己負担)。

ホルモン補充療法は閉経後5年以内、長くても10年以内に開始し、約5年程度で終わらせるのが一般的ですが、主治医の診断などでそれ以上の期間、続けることもあります。

子宮のない女性と子宮のある女性は療法が異なる
子宮がある場合はエストロゲンに黄体ホルモンという女性ホルモンを使用(子宮内膜症予防のため)、子宮がない場合はエストロゲンのみを使用します。

ホルモン補充療法の問題点

ホルモン補充療法は更年期障害の改善に非常に有効ですが、下記のような場合はホルモン補充療法を受けることができません。

○肝機能低下がある
エストロゲン性剤は薬であり、肝臓で代謝されるため、肝臓負担がかかる

○乳がん、静脈塞栓症、脳卒中、心筋梗塞などを発症、あるいは発症経験がある
持病が悪化するため
その他、ホルモン補充療法を受けるにあたって下記に相当する場合は要注意です。

○60歳以上
○閉経してから10年以上経過
○肥満
○数値や症状が安定しない高血圧や糖尿病

ただ、上記に当てはまっていた場合でも漢方療法などホルモン補充療法以外の方法があります。
主治医の指示に従いましょう。

低用量ピルとは?

低用量(エストロゲン量30~35µg)ピルとは経口避妊薬のことです。エストロゲンと前述した黄体ホルモンが含まれています。
近年は低用量ピルを避妊のためだけでなく、生理不順や月経困難症などの治療薬としても使われています。
主に20~30代の女性に使用します。

低用量ピルの問題点

低用量ピルは非常に安全性が高いことでよく知られています。しかし、飲む期間が長期間にわたり、健康な女性が飲むということもあり、より高い安全性を求める必要があります。
そのため、低用量ピルによる副作用(頭痛、不正出血、悪心、嘔吐など)を軽視することなく、医師はしっかり観察していきます。
また、女性ホルモン製剤使用による下記の疾患発症リスクも高まるということを当患者さんもよく知っておく必要があります。

○静脈側線血栓症
○虚血性心疾患
○脳卒中
○乳がん
○子宮頸がんなど

シニア世代はホルモン補充療法で!

女性特有の不快症状を改善する補充療法と低用量ピルですが、シニア世代の女性はホルモン補充療法が適用されます。

低用量ピルを飲んだことがある方が「もしかしたら更年期障害もピルで改善するかも」とお考えになられてもてもふしぎではありません。低用量ピルも生理にまつわる不快な症状を改善しますから。
しかし、卵巣機能などが低下し始めた40歳以上の女性が低用量ピルで更年期障害を改善するのは危険だとしています。

更年期障害改善を低用量ピルで行うのは危険

低用量に含まれるホルモンが血液を固まらせるシステムに影響を与え、血液の固まりをできやすします。そのため、心筋梗塞、脳梗塞、脳血栓発症のリスクが高くなります。
その上、肥満、高血圧などがある人は元々、血栓を作りやすくなるため、ホルモンの使用は一般の人以上に要注意です。

では、なぜ、同じホルモンでありながら低用量ピルはダメで、ホルモン補充療法はOKなのかという疑問がわいてきますね。
それは、ホルモンの量が低用量ピルよりもホルモン補充療法のほうが約1/6少ないからです。
更年期の女性は生理が終わりそうな、あるいはないという状況にあるため、治療によるホルモン量は若い人ほどの量を必要としません。
従って、40、50代の方はホルモン補充療法にするのが副作用も少なく、安全性も高くなります。

まとめ

ホルモン補充療法と低用量ピル。薬剤が同じだけにどっちでもいいのではと考えがちですが、副作用を抑え、安全に飲むためには厳格に分別して考える必要があります。
そして、ホルモン補充療法を施せないシニアの方もおられます。
補充療法に代わる療法はいろいろありますので主治医と共に考えて自分に合ったやり方を見つけましょう。

この記事を書いたのは
カエルぴょこ さん

資格:薬剤師・臨床検査技師
現在、小さな薬局を経営。病気の早期発見、発症予防だけでなく、ダイエット、スキンケア、アンチエイジングなどにも医学や薬学の知識を活用して患者さんのサポートに携わっています。

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    消費税増税に伴い、メインとする支払い方法は何ですか?

    集計期間:2019/10/02〜2019/10/31

    現金

    31%

    電子マネー

    17%

    スマホ決済

    6%

    クレジットカード

    46%

    合計投票数:818票

  • \ お得な情報を配信中! /