新規登録

シニアコム

新規登録

東京ゴルフ倶楽部(埼玉県狭山市)

創立100年の伝統と風格

『憧れの名門コースでプレーを・・・』をコンセプトに会員サービスを展開するスポニチゴルファーズ倶楽部が『ゴルフファーなら一度はプレーしてみたい!』という、日本を代表する名門コースを月1回のペースでご紹介いたします。

メンバーの同伴や紹介がないとラウンドできない超名門コース、トーナメント中継でお馴染みのコース、有名設計家によるコースなどバラエティに富んだラインナップをご準備いたしました。記念すべき1回目は、オリンピックで注目を浴びる“旬”のコースです。

東京ゴルフ倶楽部(埼玉県狭山市) ―創立100年の伝統と風格―

関東で最も古い日本を代表する名門ゴルフ場。1914年(大正3年)現在の東京都世田谷区の駒沢公園がある場所に造られたのが最初(駒沢コース)。スコットランド人のコルチェスター、ブレディの設計であるが、日本で初めて日本人が中心となって設立されたゴルフ倶楽部であった。

1932年に朝霞コースに移転となるが、朝霞コースの設計は「アリソンバンカー」で知られるチャールズ・ヒュー・アリソン。わずか8年でその歴史を閉じることになったコースだが、1935年と1940年の2度、日本オープンが開催されているなど、当時は東洋一のゴルフコースといわれた。

現在の場所に移ったのは1940年。秩父カントリー倶楽部に合併する形で移転、設計者はメンバーでもあった大谷光明氏。太平洋戦争期の激動の時代を経て1953年に自主運営再開、1955年からは社団法人として歴史を歩んでいる。

2013年に創立100周年を迎え、アメリカのゴルフコース設計家ギル・ハンスによる改造等が行なわれた。2012年の世界ゴルフコース100選では95位にランクイン、毎回選出されるように世界的な評価も得ています。ちなみにギル・ハンス(ハンスゴルフデザイン)は、2016年リオデジャネイロオリンピックの開催コース設計者。スコットランドのキャッスルスチュアートGCを設計、2009年度最高設計者に選ばれる。

■コース概要
1914年(大正3年開場)
設計:大谷光明
18ホール 6,915ヤード、パー72、コースレート74.1
HP:http://tokyogolfclub.jp/

記事監修:スポニチゴルファーズ倶楽部

憧れの名門コースでプレーを・・・・
http://www.s-gc.net/