新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

メ~のおばちゃん
大阪府 /  女性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年08月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ブログカテゴリ一覧

メ~のおばちゃんのおぼえがき

四季の移ろいを感じられるようなことを綴っていけたらいいな!?って思っています。 予定は未定にて、時々脱線もありです。

◀ ブログ一覧を見る
2020.07.03 09:00

マムシの道三に魅かれて

朝、点けっぱなしのテレビから流れる言葉に耳が目覚めました。

聞こえたのは「斎藤道三」「山崎油屋」「神社」。

NHKの番組「英雄たちの選択」で斎藤道三をテーマにしたもののようでした。

 

え~~!?あの神社と斎藤道三が関係があるの!?浮かんできたのは「麒麟が来る」の道三役、ハンサムな本木雅弘さんの顔でした。

ミーハーな私は即、今日のウオーキングコースは京都と大阪の府県境にある大山崎離宮八幡に決定!と相成ったのです。

   

門柱に架かる提灯の模様も、本殿に架かる幕も荏胡麻の葉っぱ模様です。
   

離宮八幡宮の門をくぐると案内板には平安時代にここの神官が「長木」という油絞り機を作り、荏胡麻の実を押しつぶしてお灯明の油を大量に絞ったと書かれていました。

 

その後、鎌倉・室町時代になると荏胡麻油の製造・販売の独占権を得て全国の荏胡麻を買い付け、油を売ったのだそうで、その人たちを山崎油神人(やまざきあぶらじんにん)と言ったそうです。

 

家も近く、ウン十年と神社の前を通勤で通っていながら神社と油の所以を知らず、これこそ灯台下暗しってものです。

 

そうそう!斎藤道三との繋がりですが、道三の出身地はここ山崎辺りらしく、「麒麟が来る」では油売りの成り上がり者と言っていました。

どうやら父親である松波庄五郎が油屋の娘と結婚して山崎屋という油屋を開業して大成功をしたらしいのです。

 

この頃、まだ私は生まれていませんから本当か嘘かは分かりませんし、立て看板を信じるのみですが、信じる者は何とやら・・・とても楽しいウオーキングがてらの一人勉強でした。

   

神社の詰所脇に置いてあった荏胡麻(シソ科)の苗、なぜ「一つください」と言わなかったのか、今となってはそれが悔やまれます。

 

日記カテゴリ 日記
コメント数(14)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> やうちさん
こんばんは
読んでいただきありがとうございます。
私の生まれた町は光秀が治めた町で盆踊りの歌詞にも歌い込まれて慕われてるんですよ。
今回もそうですが、身近に何か関りのあるものがあるとドラマが更に興味深くなりますよね。
「麒麟が来る」今後が楽しみですね。
2020.07.03 21:45 メ~のおばちゃんさん | 返信

こんばんは!

NHkの「麒麟が来る」を楽しみに視聴しています。

グットタイミングの
「離宮八幡」へのご案内 うれしいですね~

ゆっくり参拝させて頂き有り難うございます。
2020.07.03 20:51 やうちさん | 返信

> カモメさん
こんにちは
山崎の離宮にも、また歴史にも長けておいでですね。
私は立て看板を読んでこれだけ書くのに必死でした。

いえ!私は光秀さんの配下です。
我が殿を差し置いてハンサムだからと道三に横目を使ったりは致しません。
 ♪ 明智光秀 丹波を広め
   広め丹波の 福知山
   おまえ見たかや お城の庭を
   今が桔梗の 花ざかり・・・
子どもの頃から歌って踊っていましたからね。
2020.07.03 17:01 メ~のおばちゃんさん | 返信

> リンさん
こんにちは
へ~~!凄い!歴史好きでいらっしゃるんですね。
私はカラッキシダメ!
油で稼いだ成り上がり者は確か父親だと思うんですけどね。
で、その後美濃の国へ・・・
まだ生まれていませんので確かなことは知りませんし、ぜひともリンさんよろしくお願いします。
え?生まれてないって?

そう!本木さん恰好良すぎ。
私の殿は光秀さんですから道三が恰好良すぎてシャクにさわります。ハッハッハ
2020.07.03 16:44 メ~のおばちゃんさん | 返信

> ボス!さん
こんにちは
思わず笑っちゃいました。
いいじゃないですか!?頭がきれるらしいですから・・・え?外見?
「麒麟が来る」の道三はハンサムですが私は光秀が好き!
だって子どもの時から光秀を崇める福知山音頭を踊ってたんですからね。
光秀のことを悪く言われるとムカッと来る私です。ハッハッハ

紫蘇って大葉ですね。美味しいですし、虫も大好きみたいですし見張りを怠りなく・・・
食べられるようになるのが楽しみですね。
2020.07.03 16:27 メ~のおばちゃんさん | 返信

> ヘルスさん
こんにちは
機会がありましたら是非、山崎の離宮八幡においでください。
JR山崎降りて直ぐです。
ついでに隣の「さんしょう亭」でお食事なさって、そのついでにサントリー山崎工場を見学してウイスキーを一杯ひっかけてお帰りください。(*・з・)ぷッ/

ご近所のひなびたお寺にも是非行かれて誕生秘話を探ってください。
2020.07.03 16:18 メ~のおばちゃんさん | 返信

> picoさん
こんにちは
陰陽師、古代と言っていいのかな?官僚体制を司る中心だったのでしょうが何だか怪しげな気がします。
本当は私がよく分かっていないだけの話でしょうけどね。
体を鍛えながら近場のお宝さがし、楽しいですね。
是非とも散策にお出かけください。
2020.07.03 16:10 メ~のおばちゃんさん | 返信

> イヌワウチさん
こんにちは
斎藤道三=禿げ頭ですもんね。
本木さん起用は視聴率狙い?
確かに威厳があって恰好良かったですし、位の上の人に対しても実力と気迫で打ち負かしそうな感はありますもんね。
2020.07.03 15:58 メ~のおばちゃんさん | 返信

こんにちは。
本木雅弘さんのような、ハンサムな人がお好みなのですか~
立候補しようと思ったが、僕のような田舎者は駄目ですね。ワッハッハー‼

JR山崎駅から西国街道の大山崎離宮八幡ですね。『油の神様』ですか。おまけに斎藤道三の出身地が大阪とは聞いていましたが、ここだとは知りませんでした。
道三は元は僧侶でしたが、油商人を経て一国一城の主となった成上り者だけど、信長も凄いけど道三の人を見る洞察力には尊敬するものがありますね。


『山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候』という道三の名言を思い出しました。
やはり一流の人間道三の真似をすることは、難しいと気づくこの頃ですね。ワッハッハー‼
2020.07.03 13:32 カモメさん | 返信

こんにちは!
比較的、歴史好きですので、最近は(と言っても10年以上?)、大河ドラマ見ています。
必ず、wikipedia 読んで背景も知るのですが·····すぐ忘れる~。
油屋の娘をたぶらかして(笑)、乗っ取ったのは道三ではなく父親の方??
本木さん、かっこ良過ぎたよねぇ~。笑
2020.07.03 13:08 リンさん | 返信

こんにちは。

本木雅弘に、よく似ていると言われるボスです(嘘)

荏胡麻・・・えごまと読むのですね。
名前は聞いたことがありますが、調べました。
大葉(シソ)の仲間なのですね。
普通のゴマとは違うとは、知りませんでした。

シソの種を6月に蒔きました。
食べられるのは、もう少し先でまだ小さいです。

出家した道三の頭頂部には、ソックリかもしれないボスでした(笑)
2020.07.03 11:11 ボス!さん | 返信

その時代、まだ生まれて無いのですが、斉藤道三の名前は知っています!ただ、歴史には弱いので、何をどうした人かは、まったく・・・


山崎へは何度か行ってるけど、ここは行った事がないです。


聖天さんの方へばかり行ってた気がします。麒麟が来るも、見てないんですよね。


それはそうと、最近、自宅近くの小さなひなびたお寺が、大山崎離宮八幡?と判明しました。石碑が立っていて、そこに刻まれて居ました。と言う事は、もう1500年前に作られたお寺?もちろん、


大阪空襲などで、再建されてるでしょうけどね。近所にこんなところがあるとは・・びっくりでした。


 

2020.07.03 10:07 ヘルスさん | 返信

マムシの道三、有名です。いつの世も頭のいいビジネスマンはいるものですね。

近所に「安倍晴明神社」があります。陰陽師の世界は興味あります。真田幸村が討ち死にした「安居神社」も歩いていけます。改めて散策しようと思っています。
2020.07.03 09:40 picoさん | 返信

おはようございます。

「麒麟が来る」の道三役、
>ハンサムな本木雅弘さんの顔でした。

そうなのですか?
斎藤道三というと私が見た一番最初のイメージで、
教科書の丸坊主頭。それからテレビでみた

蝮のと名がつくので余計です。


2020.07.03 09:18 イヌワウチさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://seniorcom.jp/blog/view/214547
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る