新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

散輪坊
長野県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年05月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ブログカテゴリ一覧

散輪坊の部屋

 いろいろな浅い趣味を持ったおじさんです。 お楽しみいただけると嬉しいです。

◀ ブログ一覧を見る
2021.02.06 17:36

白鳥の北帰行に立ち会い

*白鳥の北帰行に立ち会い

 朝からいい天気なので買い物をして千曲川の河川敷へ鳥見に

行きました。堤防道路を下りた所で鳥見仲間のご夫婦に会い

コハクチョウの大きな群れがいると教えてもらいました。

以前数羽の群れを一度千曲川で見ているけど、大きな群れは

初めてなので流れの方へ急ぎました。

 流れ近くに着いてすぐに「クワ クワ」という鳴き声が

聞こえ飛んでいる白鳥を見られました。このまま北の方向へ

飛んでいきました。

  

 

 少しして後続部隊がバタバタとすごい音を立てながら

飛び始めました。水面を走っているに見えます。

  

 

 群れが続きます。

  

 

 北へ進路を取ってまっしぐらでしょうか。

  

 

 こちらの群れは水面を飛んで、少し下流に下りて

他の後続部隊を待っているようでした。

  
日記カテゴリ 今日の日記
コメント数(10)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
K.OZAKIさん

 遅くなりましたが、おはようございます!
 ここでは白鳥を見ることが珍しく数が多いかはわからないです。
県内でも越冬地が有りますが、あまり報道されなかったです。
 この時期に北帰行開始なんですね。
2021.02.07 11:49 散輪坊さん | 返信

おはようございます!
今年はコハクチョウの飛来数が多かったようですね、琵琶湖でも話題になってました。もう北帰行が始まってるのですね。
2021.02.07 07:07 K.OZAKIさん | 返信

くまちゃんさん

 ハクチョウに会えるとは思わなく千曲川へ行きました。
一時的に立ち寄っただけのようなので、運が良かったです。
あちこちで休みながらシベリアへ行くと聞きました。
2021.02.06 20:40 散輪坊さん | 返信

清正さん

 ハクチョウは一足早く北へ帰るのでしょう。
報道でも大体今頃が・・・
2021.02.06 20:38 散輪坊さん | 返信

独 歩さん

 あまり期待しないで晴れたので千曲川へ行きましたが、
良い所に出会えました。
 北帰行の途中の羽休めに立ち寄ったのでしょうね。
2021.02.06 20:37 散輪坊さん | 返信

じじネコさん

 北へ帰る途中で羽休みのために立ち寄ったのでしょう。
良いタイミングで千曲川の流れへ行きました。
 ハクチョウは草食で魚は食べないようです。私も直接シベリヤへ
行くと思いましたが、あの体で飛ぶのは大変な様であちこちに立ち寄るようです。
それでも日本海は飛び越えなければいけませんね。
白鳥の飛び立つのを実際に見るのは初めてで、音に驚きました。
2021.02.06 20:35 散輪坊さん | 返信

良いですね。白鳥の群れを見られたなんて。
何処へ飛んでいくんでしょうか?

2021.02.06 20:28 くまちゃんさん | 返信

もう北に帰るんでしょうか~?
まだ少し早いように思うんですが…
2021.02.06 20:06 清正さん | 返信

こんばんは

良い時に立ちあわれましたね。

以前にボランティアで、海近くの人が田んぼに水を張り、白鳥の休憩場を作られていた時に見に行った時は、旅立つ前の飛行を繰り返していたのを見た事があります。

あれから暫くしてヒマヤラを越えて北帰行して行ったんでしょうね。

その田んぼは今は、やっていた人が高齢を理由にやめてしまわれたのですが、ちょっと白鳥を見たい時に見にいけたのに・・・残念です。

全景  時期は3月上旬です。

飛行訓練?
2021.02.06 18:48 独 歩さん | 返信

散輪坊さん

貴重なシーンに立ち会えましたね!
これは朝の何時頃ですか?
白鳥たちは日本で美味しい餌(魚?)を
たっぷり食べ、身体に脂肪を十分に着け、
そして何千キロ(2000km位?)の
旅に出たのでしょうね。
白鳥が水を蹴って飛び立つ姿が目に浮かびます。
2021.02.06 18:17 じじネコさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://seniorcom.jp/blog/view/218749
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る