新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

とおるターン
兵庫県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年06月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

ブログカテゴリ一覧

風そ~ろりそろりん

おまけの人生、気楽にきままに、いい思い出にひたりながら、あたりをゆっくりと眺めて、ポソッと呟くことにします。

◀ ブログ一覧を見る
2021.06.11 10:07

畑の水やり

暑い日が続き、畑の水やりも欠かせなくなった。
水道設備が揃っているわけではない畑、まずは水運び、
近くの用水路からバケツに入れて「ヨイショヨイショ」
野菜の水やりが終わったころは、
暑さと筋肉の痛みが。
昔も今も水やりは重労働である。
この間帰郷した長男がいみじくも言っていた。
「ちんまい頃、兄弟4人総動員されて水を運んだけど、
水いっぱい入ったバケツリレー、
小学校に上がったかぐらいの子供には無理やったで。
水はこぼれて、野菜にかけてやる時は半分以下やったやんか。
いま考えたらめちゃくちゃな話やんか」
炎天下、庭の草木や畑の野菜の水やりは、
家族そろってわいわいキャーキャーと、
それでも楽しかった思い出だ。
今はもうやりたくてもやれなくなった。
白髪のおじいちゃん一人が「エッチラオッチラ」(ハァ~)
傍で源ちゃんも呆れてみている。(?)
日差しがきついので、畑のど真ん中にテントを張って、
涼を取りながらの気長な作業を続けた。
梅雨なのに雨が降らないと、
これが毎日……考えたくないよ~!
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(2)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> 清正さん
コメントありがとうございます。

本当にきついです。
あの花はサフランモドキというんですね。

いま我が家の庭にいきなり顔を出しています。
2021.06.12 00:49 とおるターンさん | 返信

お疲れ様~
題字見ただけでそう思いました。

サツマイモなんか苗植えたばっかりのこのごろで
日照り続きだと暑い中
うねの間を水担いで柄杓で水やりしたこと思い出しました。

サフランモドキ
昔は紀ノ川の河川敷によく咲いていました。
2021.06.11 19:54 清正さん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://seniorcom.jp/blog/view/220925
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る