新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

XEQ
千葉県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年06月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

自省録

そろそろ焦らず、ゆっくり生きることを目指したいと思っていますが、なかなか思い通りにはいきません。

◀ ブログ一覧を見る
2021.06.11 11:22

アルファ米

災害に備えて備蓄していた非常食のアルファ米の消費期限が近づいてきたので昼食に少しずつ食べることにした。

いろいろな種類のものが10食あり、まず赤飯を食べてみた。食べられないことはないがあまりうまいものとは感じなかった。

説明書をよく読まなかったためらしい。じっくり説明書をよむと、作り方に手落ちがあったようだ。次に食べたのがエビピラフ、説明書に記載されている注意事項などを参考にしたからか前回よりはましに感じた。1食260gは、老夫婦2人分で十分の量といえる。

災害時にはじっくり説明書を読むことはきっと出来ないと思うので、今回経験したことは良かったと思っている。
出来れば、この非常食を食べる事態にならないよう望んでいるが、災害は忘れた頃にやってくるとも言われているので用意だけは万全を期したい。

たまたま、今朝録画していた「グレートトラバース」で田中陽希が荷物を整理している場面で同じ「尾西のごはん」があった。

次に備蓄するのもこれにしようかなと思っている。

山に行っている頃(もう50年近く前になるが)は、まだこんな便利なものは見かけなかったような気がする。
日記カテゴリ 自省録
コメント数(6)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> 湘南ジョガーさん
乾パンも非常食用は進歩しましたん。缶詰のパンもかなりうまいものがあります。
消費期限が切れる前に消費しなければいけないのがちょっと困りますが。
2021.06.11 17:49 XEQさん | 返信

> 独 歩さん
わたしは冬山は経験したことがないのでわかりませんが、冬山のテント生活も楽しいでしょうね。

ちなみに冬は専らスキーでした。
2021.06.11 17:47 XEQさん | 返信

> メ~のおばちゃんさん
妻がどちらかというと悲観脳のようで、楽観脳の私とちょうどバランスがとれているようですが、非常食、飲料水、野菜ジュースなどをはじめとして寝袋、テント、カセット式ガスコンロ、ポータブルトイレ(ヨットなどで使用する水洗トイレ)まで用意万端です。10日間ぐらいは孤立しても生活可能になっています。> 湘南ジョガーさん
2021.06.11 17:42 XEQさん | 返信

非常食として備蓄しておいでなんですね。
食料棚を開ければそれらしきものは沢山ありますが意識したことが無く反省ですかね!?

非常事態の食料なら多少不味くとも簡単に食べられるものが適しているでしょうね。
活動グループで町の環境管理課から来ていただいて災害の学習をするのですが、合わせて食料についても学習したいと思います。
2021.06.11 16:51 メ~のおばちゃんさん | 返信

なるほど、最近の非常食は、よくできているようです。
私の独身時代の「アルファ米」は、まずいものでした。

私の家でも、昨年非常食の期限があり「乾パン」の缶を開けて食べました。
びっくり、美味しいのです。
昔の固いだけ、パサパサして味のない乾パンとは大違いでした。
この工夫も日本人のチエと感じ入りました。
2021.06.11 16:37 湘南ジョガーさん | 返信

こんにちは

アルファ米
懐かしいですね。

私等の時代は、山飯といえば、まずいのは承知でアルファ米でした。
それでも、1日の行動で疲れていましたから、副食に工夫をして、それなりにお腹一杯に食べていましたね。

一回、冬山にキムチを持っていったんですが、食べれたのは二日ほど・・
とにかく疲れすぎて、キムチの匂いが鼻についてダメでした。
今は各種のご飯がありますね。

山では、飲むのと (気圧と疲れで下界のようには飲めませんが・・) 食べるのが楽しみですから・・。

テント内で水を作りながら、腕をヒョイと伸ばし、雪をつかんでマグに入れて・・ウイスキーを注ぐ・・・
至福のひと時でした。
2021.06.11 16:22 独 歩さん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://seniorcom.jp/blog/view/220927
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る