新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

散輪坊
長野県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年04月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

ブログカテゴリ一覧

散輪坊の部屋

 いろいろな浅い趣味を持ったおじさんです。 お楽しみいただけると嬉しいです。

◀ ブログ一覧を見る
2008.10.14 15:45

列車洗浄装置

*台所で相談です。
 シンクの下は食器自動洗浄機を入れるスペースになっています。
一人で不要なので鍋などを置いています。ここが匂うようになって
きました。排水パイプのぬめりかと思い一度洗浄液を流しましたが
臭いは取れません。原因は何で、どうしたらいいでしょう。

*よっ大二郎関
 久振りにテレビで見た俳優の原田大二郎の腹を見てびっくりです。
ぼっこりして相撲取り真っ青です。青春スターのイメージがパーです

*列車洗浄装置乗車体験
 先日の鉄道フェスタで列車自動洗浄機の乗車体験ができました。
最初は洗浄機を通過して、帰りに洗浄します。洗浄機に突入する方の
先頭車にはすでに鉄道小僧がカメラを構えて陣取っています。
仕方なく通過する方の先頭車両に陣取りました。車洗台3番線を出て
洗浄機を通過、車両の留置線に一時入って、運転手は移動します。
そして洗浄機に入りました。残念ですけど水しぶきでほとんど
見えません。自家用車の洗車機と違いブラシも大きく迫力があります
この日も鉄道は普通の営業をしていますから、入れ替えなどの合間に
この作業をするので、係の人たちの緊張感が伝わりました。












**夢ブログはまたまたノスリの話題です
日記カテゴリ 鉄道車両
コメント数(10)
コメント一覧
えじまさん

 シンクの下のパイプなどを見るとしっかり
とめられているように見えるので、原因がはっきりしません。
建築会社に相談することにします。
2008.10.14 21:01 散輪坊 | 返信

和ちゃん

 この日は鉄道フェスタでしたから、家族連れが多く
女性も半数位はいました。このような経験は
こんな日にしかできませんね。
 こういう経験した後なので、一昨日乗車した列車の
窓の汚れが気になりました。
2008.10.14 20:55 散輪坊 | 返信

汚水でない匂いが ですか?
O-さんの意見に賛成でしたが、

経験から・・ネズミが死んでいて 
   凄い匂いが・・でないですね。
縁の下に? 換気穴から?

やはり 本職さんが 一番ですね。
2008.10.14 13:27 えじま | 返信

昔は(何年ぐらい前でしょうか?)は結構電車汚れていたのが見かけました近年は走ってくる電車を見るときれいですね。
列車用の洗浄機で洗ってきれいにしていたのですね。
でも洗われる列車の中にいる経験も素敵です。
私も乗ってみたいと思うけど女性は少ないでしょう?
2008.10.14 12:13 和ちゃん | 返信

machanさん

 列車の横はこの自動洗浄機で洗えますけど、
全面は(雫でぬれているところ)と車内は手作業だそうです。
 後ろにいて、雫が多くて、先頭にいるより
面白い画像になったかもしれません。
2008.10.14 10:46 散輪坊 | 返信

散輪坊さま
こんばんは!
確かに大きな車体を洗浄するには
洗浄機があったんですね!

しぶきで見えない。
臨場感があって面白い。
2008.10.14 10:25 machan | 返信

花よりケーキさん

 彼の顔を見た時、少しふっくらしたかなと
思いましたが、座っている時にびっくりしました。
 列車洗浄は、乗用車の洗浄機に入った時に
似ていますけどやはりスケールが違います。
2008.10.14 10:12 散輪坊 | 返信

o-sanさん

 シンク下は悪臭と言うほどではないんですけど
においが気になります。下水の匂いではないので
どういうところからなのか分らないいでいます。
一度建築会社に聞いてみます。
 
2008.10.14 10:09 散輪坊 | 返信

原田大二郎氏・・あらまあ そうですか {びっくり}
そういえば最近あまり見てませんでした
列車洗浄装置乗車体験は面白そうですね {笑顔}
しぶきが 掛かりそうな感じでしょう?
2008.10.14 08:45 花よりケーキ | 返信

シンク下からの悪臭にお困りですか?
排水パイプは密閉式汚水マスにキッチリ接続されているのでしょうか?
どこかに開放式汚水マスや取り付け部に隙間があれば、換気扇を回したりして室内が負圧になったとき、床の隙間から悪臭を引き込むことになります。
2008.10.14 07:45 o-san | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://seniorcom.jp/blog/view/47052
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る