新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

  • 古代の灯明皿 奈良時代(8世紀中葉) 長原遺跡 大阪市教育委員会蔵 近世の灯火具 江戸時代(19世紀前半) 中之島蔵屋敷跡 大阪市教育委員会蔵 大阪歴史博物館 特集展示 「大阪の灯火具」 人類が最初に得た明かりは落雷など自然発生的な火でしたが、発火道具の発明と燃料の確保により、人々は自由に明かりを使えるようになりました。明かりは人々の夜間活動を可能にし、灯火具の普及はまちの繁栄をしめす一つの要素となりました。大阪市内の遺跡からも、まちの発展とともにさまざまな灯火具が見つかっています。 今回の特集展示では、大阪市文化財協会・大阪市教育委員会による大阪市内の発掘調査で見つかった、奈良時代から江戸時代にかけての灯明皿や発火道具などの考古資料をはじめ、当館所蔵の民具や文献資料をあわせて展示し、古代から近世にかけて大阪に暮らした人と明かりのかかわりを紹介します。

    【応募締切】2020.11.04
    【当選発表】2020.11.06

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR ©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR 2019年サン・セバスティアン国際映画祭正式出品 1990年代から2010年代まで、25年にわたり撮り続けたホームビデオの映像をつないで振り返る手法で、当時の時代の空気感をリアルに再現。 パリを舞台に90年代カルチャーで彩る“再生”の物語。 STORY 13歳から撮り続けた「僕の25年間」。とっておきのラストシーンを撮ることを決意する― 1993年、パリ。両親からビデオカメラを贈られた13歳のマックスは、陽気で温かい家族の姿や友人たちとの日々を撮り始める。それは彼のライフワークともいえる趣味になっていった。38歳になったマックスは、撮りためた25年に及ぶ映像を振り返り、編集する。エマと初めて会った日のこと、仲間との夜遊び、旅行、サッカーW杯、ミレニアム、挫折、成功―― そこにはいつも一緒に過ごしていた4人の仲間たちとの日々、そして彼のすべてが記録されていた。素直になれず、大切なものを手放してしまったマックスは、新たに「映画」のラストシーンを準備する―。

    【応募締切】2020.11.04
    【当選発表】2020.11.06

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 武隈親方(元大関豪栄道) © 2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会 武器を持たぬ侍たちのエンターテイメント・ドキュメンタリー 1500年以上もの歴史の中で日本人の暮らしに深く根付き、今や国技となった「相撲」。そこには知られざる世界があった―。 2018年12月~2019年6月の約半年間、境川部屋と髙田川部屋の二つの稽古場に密着。想像を絶する朝稽古、驚きの日常生活、親方・仲間たちとの固い絆、そして、本場所での熱き闘いの姿を追いかける中で、相撲の魅力を歴史、文化、競技、様々な角度から紐解いていく。勝ち続けなければいけない、強くなくてはいけない。極限まで自分と向き合い、不屈の精神で「相撲」と闘い続けるサムライたちの生き様を描いた唯一無二のドキュメンタリーが生まれた!

    【応募締切】2020.11.02
    【当選発表】2020.11.04

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 蝶々踊り図巻(ちょうちょうおどりずかん) 小澤華岳筆 天保10年(1839) 本館蔵 芥子面子(けしめんこ) 中央区大坂城下町跡・北区広島藩大坂蔵屋敷跡ほか 江戸時代 大阪市教育委員会蔵 大阪歴史博物館 常設展示 「なにわの仮装文化」開催 大阪歴史博物館では、常設展示9階・7階の各所において、「なにわの仮装文化」にかかわる資料展示を開催します。いずれも常設展示観覧料でご覧いただけます。この機会にぜひご観覧ください。 10月31日に行われるハロウィンは、秋の収穫を祝い悪霊を退散させるヨーロッパのお祭りですが、近年の日本では奇抜に仮装して街に出る独自の文化として拡がりをみせています。趣向を凝らし、非日常的な空間を現出する仮装、実はかつての大阪でも幅広く行われていたことをご存じでしょうか。今回は「仮装」や「変装」の文化を、大阪の資料を中心に紹介します。

    【応募締切】2020.11.02
    【当選発表】2020.11.04

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 『地図で楽しむ本当にすごい千葉』(宝島社) 地図を見れば千葉がわかる! 新しい地図エンタテインメント 第1章 地形で見る千葉県 「今も変わり続ける房総半島」 第2章 地図でたどる千葉県の歴史 「千葉は朝廷や幕府に翻弄された?」 第3章 地図で見る千葉県の神社仏閣 「房総に根づく神様、仏様」 第4章 千葉県の交通地図 「陸海空、房総の交通は万全か」 第5章 地図で読み解く千葉県の産業 「千葉はどんな産業にも好立地!?」 ※本書は、2017年7月に洋泉社から刊行された『地図で楽しむすごい千葉』を増補・改題したものです 都道府県研究会 プロフィール 47都道府県を最新データを駆使して調査・研究しつつ、歴史、地理・地形、文化、インフラ、産業、県民性などさまざまな視点から、地域の実態や魅力を世に広めようとしている集団。メンバーは、全国を巡り歩いて地方自治やまちづくりなどの問題を取材する地域批評家やルポライター、郷土史や忘れられた歴史など「ニッチな歴史」に造詣の深いライター、三度の飯より鉄道をこよなく愛する鉄道評論家、宇宙に美術、軍事から競馬(?)と何でもありの理系ライター兼編集者、アイドルとヤンキーの生態にくわしい木更津出身のサブカル系ライターなど多士済々にして、全員が大の地図好き。

    【応募締切】2020.10.31
    【当選発表】2020.11.02

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • ©2018 CBS Studios Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved. 『ワイルド・スピード』×「HAWAII FIVE-0」のスタッフが贈る、リゾート系アクション・エンターテイメント! 特殊部隊上がりのイケメン探偵が真っ赤なフェラーリでハワイを駆け抜ける!! 「HAWAII FIVE-0」を手掛けたピーター・M・レンコフと映画『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リンが製作総指揮を担当。「HAWAII FIVE-0」のキャラクターが同役で本作にも出演するなど、コラボレーションにも注目︕ 1980年代にトム・セレック主演で大人気を博したテレビドラマをリブートした本作。元海軍特殊部隊出身のトーマス・マグナムが赤いフェラーリを乗り回し、ハワイで巻き起こる様々な事件を解決する姿が描かれる。勧善懲悪のわかりやすさ、主人公が強くて、車が速くて、チームもの、ハワイが舞台でリゾート感もたっぷり。本国アメリカではシーズン3の製作も決定している。 ストーリー ハワイのオアフ島。元特殊部隊“ネイビー・シールズ”の探偵マグナムは、ベストセラー作家ロビン・マスターズの広大で豪華な別荘のセキュリティー・コンサルタントも務め、ゲストハウスで居候をさせてもらい、真っ赤なフェラーリを借りて愛⾞にしている。⼀⾒、仕事とハワイ暮らしの両⽴を楽しんでいるマグナムだが、アフガニスタン紛争の最前線で受けたトラウマや、軍人だった⽗親が幼い頃に命を落とした過去をひきずっていた。そんなマグナムの仲間は、豪邸の管理を任されている⼥性の執事ヒギンズ、いずれも元海兵隊である、ナイトクラブ経営者リックと、観光客向けツアーのヘリ・パイロット“TC”。特に、アフガニスタンでいっしょに捕虜になったことがあるマグナム、リック、“TC”の3人の絆は固く、時に海外に飛んで危険度Aクラスのミッションに挑む名トリオだ。数々のミステリアスなケースに直面。青い海と空、豊かな緑、そして疾⾛する真っ赤なフェラーリ。ハワイの雄大な陸・海・空で、マグナムと仲間たちは激烈バトルに突⼊していく――︕

    【応募締切】2020.10.31
    【当選発表】2020.11.02

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 『横とじだから見やすい! どんどん目が良くなるマジカル・アイ 癒やしの風景』(宝島社) シリーズ累計760万部突破!「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」シリーズ シリーズ累計760万部突破!「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」シリーズ。 そのシリーズの中でも人気のA5横サイズのマジカル・アイです。 持ちやすいサイズと、横とじのため紙面いっぱいに3Dイラストを配置することができるという見栄えの良さを兼ね備えています。 徳永 貴久(とくなが たかひさ) プロフィール 1959年、長崎市生まれ。大学卒業後、外資系医薬品会社勤務を経て視力回復の研究と指導に専心。その後、長崎綜合療術院の院長として活躍。著書に『視力回復アイマスクで眼がグングンよくなる』(二見書房)、監修に「マジカル・アイ」シリーズ(宝島社)など、多数。

    【応募締切】2020.10.28
    【当選発表】2020.10.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • ©Warner Bros. Entertainment 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのヒットメーカー、ロバート・ゼメキスら豪華製作陣が名を連ねる大型ミステリー&ヒューマンドラマ、待望のシーズン2が独占日本初放送︕シーズン3の更新も決定し、全米でも話題沸騰︕ 製作総指揮は、ロバート・ゼメキス。モンテゴ航空828便は、乱気流に巻き込まれるが、無事に着陸。しかし、空港に降り⽴った乗員乗客たちが目にしたのは、5年半以上の⽉⽇が経った世界だった。乱気流の正体が超自然現象だったのか、陰謀によるものだったのか、そして乗客の頭に響く呼びかけの真相とは何なのか…。 予測不能な展開が次々と起きる。シーズン1第1話では1040万⼈がリアルタイムで視聴。シーズンを通してのリアルタイム平均視聴者数は、648万⼈以上と⼤好評︕シーズン2では、7⽇以内のタイムシフト視聴が伸び、NBC全番組中、最も⾼いタイムシフト視聴増加率を記録した。そして、シーズン3への更新も既に決定! ストーリー ジャマイカからニューヨークに向かう途中で突然発⽣した乱気流に巻き込まれた旅客機。なんとか無事に着陸したニューヨークの空港では数時間のフライトだったはずが5年半の歳⽉が過ぎていた……。冒頭からいきなり突拍⼦も無い出来事が主⼈公たちの身に起き、その後も視聴者の先読みを許さない展開が続いたシーズン1。シーズン2ではジークとジャレッドが揉み合った末に拳銃が発砲され、ミカエラは腹部に被弾して瀕死の重傷を負い⼀時危篤に陥るが、搬送先の病院で⼀命を取り留める。⼿術中、ミカエラは再び828便に乗り、墜落する⾶⾏機の中で「乗客たちを救え」という“呼びかけ”を受ける。ミカエラの兄ベンは、これが「2024年に死ぬ運命から乗客たちを救え」ということを案じていると考え、乗客たちの現在の居場所を調べ始める。ミカエラ、ベン、カルを始めとした搭乗者に聞こえる“呼びかけ”は⼀体何を意味するのか。

    【応募締切】2020.10.28
    【当選発表】2020.10.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 一色邦彦《炎翔》2004 年,FRP 國司華子《来迎ノ図》2019 年,紙本彩色 企画展「6つの個展 2020」 本展覧会は、茨城にゆかりのある現役作家を紹介する「6つの個展」の第三弾企画となります。 近年、美術の表現形式は多様化の一途をたどっています。実体を伴わない映像作品をはじめ、ヴァーチャル・リアリティなど最新のテクノロジーを駆使したかたちのない作品も少なくありません。とはいえ、そのような状況だからこそ、物質的な素材をあえて選択する作家は、その素材ならではの技術や表現をより意識的に追究しているともいえます。 本展覧会では展示室を6つに区切り、絵画(野沢二郎、國司華子)、彫刻(一色邦彦)、テキスタイル(須藤玲子)、ガラス(アビルショウゴ)、陶(塩谷良太)という異なるジャンルや素材に取り組む6名の作家を個展形式によって紹介します。彼らは40代から80代まで様々な世代に属しますが、莫大なデータや情報がオンラインで飛び交うデジタル時代において、いずれも自身のリアルな感覚によって世界に対峙し、手を介して「物」としての作品を制作する作家たちです。それぞれの作品を通して、彼らがどのように世界を捉え、それをどのようにかたちある「物」に昇華しているのかをご覧いただきたいと思います。そして、本展は、彼らの作品を通して、「茨城」のみならず現代における美術作品の多様性と可能性に触れていただく機会にもなることでしょう。 出品作家略歴と特徴・見所 (1)一色邦彦(いっしきくにひこ)彫刻 1935年現・東京都北区に生まれる。1960年第24回新制作展で新作家賞(64年会員)。1962年東京藝術大学専攻科彫刻専攻修了。1966年第9回高村光太郎賞。1968年アトリエを牛久市に移す。1973年第4回中原悌二郎賞優秀賞。2001年「21世紀のモニュメント一色邦彦・彫刻とデッサン展」(茨城県つくば美術館)。 一色邦彦は長く牛久市を拠点に制作してきた彫刻家で,様々な世代の作家が集う本展における最年長作家です。早くから具象彫刻家として知られてきた一色はブロンズを主たる素材とし,新制作協会を舞台に作品を発表してきました。女性像を中心とする人物像は,ダイナミックで浮遊感を感じさせるような肢体の表現が目を引きます。 (2)須藤玲子(すどうれいこ)テキスタイル 1953年石岡市に生まれる。1975年武蔵野美術短期大学工芸デザイン学部専攻科修了。1984年テキスタイルメーカー株式会社「布」の設立に参加。2002年東京造形大学特任教授(07年造形学部教授)。2007年2006毎日デザイン賞。2018年「こいのぼりなう!須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」(国立新美術館,東京)。 石岡市出身のテキスタイルデザイナー・須藤玲子。日本の伝統的な染織技法から最先端の産業技術までを駆使して作られるテキスタイルは,日本のみならず世界各国で展示されています。今回出品される《扇の舞》は扇を模した布による大規模インスタレーションで,2017年にアメリカで展示された作品を発展させたものです。当初,現在イギリスの展覧会で展示されている《扇の舞》を当館でも展観する予定でしたが,新型コロナウイルスの影響により作品を日本に戻せなくなってしまったため,本展では新たに制作した“茨城バージョン”をご覧いただきます。 (3)野沢二郎(のざわにろう)油彩画 1957年現・常陸大宮市に生まれる。1979年個展「風景いくたび」(筑波大学会館ギャラリー,茨城)開催,以後個展多数。1982年筑波大学大学院芸術研究科修了。1997年第8回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラディシュで名誉賞。2010年明星大学教育学部教授。2012年「野沢二郎―花片/近景の水―」(いわき市立美術館)。2018年「野沢二郎水・大気・絵画の表情」(常陽藝文センター,茨城)。 常陸大宮市在住の画家・野沢二郎は,筆ではなくローラーやスキージ(幅広のヘラ)を用いて,油彩絵具の特性を活かしながらマチエール(絵肌)の多彩な表情を引き出します。絵具を塗っては削る作業を繰り返して作り上げる堅牢な画面は,画家の試行錯誤の痕そのものです。制作のただ中で画家が思いもかけず見い出した「景色」は,見る者の感情や想像力に大きく訴えかけます。 (4)國司華子(くにしはなこ)日本画 東京都に生まれる。1989年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程日本画専攻修了。1990年再興第75回院展で初入選。1995年個展「一期一会」(新生堂,東京)開催,以後個展多数。2005年再興第90回院展で日本美術院賞(14年同賞)および第11回天心記念茨城賞。2016年日本美術院同人。2018年東京藝術大学大学院美術研究科准教授。 長くかすみがうら市を制作拠点とした日本画家・國司華子は日本美術院(院展)に所属し,茨城県が院展に設けている天心記念茨城賞の第11回(2005年)受賞画家です。軽やかさと深みを兼ね備えた色彩と,日本画の顔料独特の質感が導くニュアンス豊かな絵画世界は,親密さと幻想性をおび,日常と非日常の「あわい」を感じさせます。 (5)アビルショウゴ(あびるしょうご)ガラス 1961年現・長崎県対馬市に生まれる。1992年東京藝術大学卒業(彫刻)。1994年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。1997年富山ガラス造形研究所卒業。2004年茨城県北茨城市に転居。2008年第9回大分アジア彫刻展で大賞。2016年国際ガラス展・金沢2016で審査員特別賞。2018年第15回特別記念KAJIMA彫刻コンクールで大賞。 北茨城在住のガラス作家アビルショウゴによる作品は「ガラス」という素材の従来的なイメージを大きく逸脱したものです。アビルはガラスと金属によって抽象的な造形作品を制作し,彫刻の素材としてのガラスの可能性を追究しながら,作家オリジナルの技法を編み出しています。板ガラスを加工した,シャープかつ流麗な造形はどこか近未来的な雰囲気を感じさせます。 (6)塩谷良太(しおやりょうた)陶 1978年東京都に生まれる。2003年多摩美術大学美術学部工芸学科陶専攻卒業。2005年筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻総合造形分野修了,個展開催(ギャルリー東京ユマニテ,東京)。2011年平成23年度文化庁新進芸術家海外派遣研修員(-12年,イタリア)。2016年茨城県北芸術祭出品,Jakarta Contemporary Ceramics Biennale(インドネシア)出品。 陶による造形表現を行う塩谷良太は現在,土浦市で制作を行っています。塩谷は西洋のモダンアートと日本のやきものの間を行き来し,三次元(立体)と二次元(平面)の関係性や,かたちとその表面の図柄について考察しながら作品を制作しています。人同士の物理的なふれあいである「握手」をテーマにしたインスタレーション《ひとてま》は,ウィズ・コロナ時代への示唆に富む作品です。

    【応募締切】2020.10.26
    【当選発表】2020.10.28

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 新感覚バッグ TSUNAGU Bag ふろしきとレザーハンドルを繋いで使う新感覚バッグです。 絵のように風呂敷の端を矢印に沿ってTSUNAGUの持ち手に通せば、簡単に風呂敷と持ち手を結ぶことが出来ます。 風呂敷の基本の結び方、真結びの方法を知らなくても簡単にジョイントOKです。 「丸和商業株式会社」とは 京都の地で風呂敷一筋、半世紀。 全国の問屋様や小売店様に弊社製造の風呂敷を卸し、名入れやお客様オリジナル風呂敷の制作を する会社です。 オリジナルブランド「コトノワ」 蓄積してきた知識やノウハウを生かして、皆様にお届けするオリジナルブランド「コトノワ」。 コトノワとは「事の輪」「言の環」「古都の和」。 「伝統を現代の日常生活の中で使いやすくする」をコンセプトに、北欧フィンランドのヘイニ・リータフフタ、ヴィータサロ・ユホ、フランスのアンキデザイナーズなどのデザインによる人気商品です。

    【応募締切】2020.10.26
    【当選発表】2020.10.28

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 風呂敷の正統進化 風呂敷が風呂敷と呼ばれるようになったのは江戸時代のことと言われています。風呂に入る際、身の回り品を包んだのがその由来。 入浴中は、濡れては困る着替えを包み、入浴後は、濡れた手ぬぐいやタオルを包む。そんな風呂敷に撥水性能が加わりました。 その名にふさわしい進化を遂げた、濡れない風呂敷「ながれ」。正統なる新しい風呂敷です。 水を撥じく布 撥水とは水を撥じくこと。 超撥水風呂敷「ながれ」に水がかかると、文字通りの水玉となり、表面を滑るように転がります。まるでハスの葉のように。 つまり、濡れない布なのです。布も、中身も、不意の雨から濡れては困る大切な荷物を守ります。 毎日お使いのバッグの中にも是非「ながれ」をお加えください。エコバッグかわりとして、時にはカサかわりとして、きっとお役に立ちます。 「ながれ」が撥じけるのは、真水だけではありません。 お茶やジュースなど飲み物は大抵撥じくことができます。テーブルクロスやランチョンマット、お食事中のひざ掛けなど、様々な用途にお使い下さい。 水を降らす布 「ながれ」は「撥水」生地のため、水は撥じきますが空気は通します。生地に通気性がある、それが「防水」生地との違いです。 水を汲んだ後、ギュッと絞ればシャワーのように水を降らせることができます。 バケツやじょうろが見つからないとき、「ながれ」があれば植木の水遣りもできちゃいます。 日本的な布 風呂敷は形状としては「ただの四角い布」。 中央アジアにも、中南米にも、探せば世界中に似たような布はあります。 しかし、風呂敷には様々な包み方、結び方があり、大切な贈答品などを包むものもあれば、普段使いのものもあります。 包み方結び方次第で「ハレ」にも「ケ」にも性質が変化するのが風呂敷なのです。 結ぶ、という手のわざだけで一枚の布から簡単なバッグを作ることだって可能です。 形だけみると「ただの四角い紙」である折り紙と同じように、日本独自の文化がそこには感じられます。

    【応募締切】2020.10.24
    【当選発表】2020.10.26

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • © 7th Day Film All rights reserved © 7th Day Film All rights reserved 映画『私たちの青春、台湾』 世界中どこにでも体制に反抗することを夢見る若者たちがいる。 不安定な台中関係下の台湾で、三人の若者の夢は実現したかに見えたが、結局は叶わなかった。 しかし、彼らは成長した。 純粋で世間知らずの私たちが、若さあふれる台湾の目撃者なのだ。 物語 2011年、私は魅力的な二人の大学生と出会った。 台湾学生運動の中心人物・陳為廷(チェン・ウェイティン)、台湾の社会運動に参加する人気ブロガーの中国人留学生・蔡博芸(ツァイ・ボーイー)。 私、傅楡は台湾のドキュメンタリー制作者だ。彼らが最前線に突き進むのを見ながらカメラをまわし、「社会運動が世界を変えるかもしれない」という期待が、私の胸いっぱいに広がっていた。 陳為廷は台湾の苗栗出身、いつも歌をうたい、ぬいぐるみを抱き眠る人懐っこい青年だ。14年、彼は立法院に突入した。 いつだって先陣を切って闘志を剥き出しにしていた彼は、林飛帆(リン・フェイファン)と共にひまわり運動のリーダーになった。 蔡博芸は中国の湖州出身、高校時代に民主や自由について漠然としたイメージを持ち、政治のあり方に関心を持つようになった。台湾で学生運動に参加し、文章を通してふるさとの人々に“民主”が台湾でどのように行われているか伝えたいと書いたブログが話題だ。大陸の両親からは毎日のように、お怒りの電話がかかってくるが、自分の意思は曲げず、著作は大陸でも刊行される人気ぶりだ。運動に参加する中で、「台湾人」「中国人」という言葉が叫ばれ、傷つきながらも台湾で出会った“民主主義“を彼女なりに貫こうともがいていく。 ひまわり運動を経て、立法院補欠選挙に出馬した為廷は過去のスキャンダルで撤退を表明。大学自治会選に出馬した博芸は国籍を理由に不当な扱いを受け、正当な選挙すら出来ず「おままごと」のような選挙で敗北する。 彼らの理想は実現するものだと信じていたが、しだいに失望の谷底へと落ちてゆく。 そして私は期待していた未来をなにも描けないまま、彼らを記録したテープだけが手元に残った。私はなにを期待したのか、私はなにを描きたかったのか、そして私たちはともに進み続けることはできるのだろうか-- これは台湾という息吹の中で、ともに未来を描き、迷い、空っぽになり、ともに理想求めもがく、私たちの青春の物語なのかもしれない。

    【応募締切】2020.10.21
    【当選発表】2020.10.23

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 宮城県

      たかこさんさん

    • 埼玉県

      こーんさん

    • 東京都

      あきらモールさん

    • 東京都

      ルビ-L(エル)さん

    • 東京都

      Mao23さん

    • 東京都

      cervejaさん

    • 神奈川県

      みつこさんさんさん

    • 愛知県

      タヌゾウさん

    • 滋賀県

      hihumidanさん

    • 和歌山県

      和田 隆子さん

  • 【重要文化財】短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長十三年三月日/所持埋忠彦八郎重代 慶長13年(1608) 個人蔵 【重要美術品】蔦文鐔 銘 埋忠明寿 桃山~江戸時代初期(17世紀) 個人蔵 大阪歴史博物館 特別展「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」のご案内 大阪歴史博物館にて、令和2年10月31日(土)から12月14日(月)まで、6階特別展示室において、特別展「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」が開催されます。 埋忠(うめただ)とは、桃山時代から江戸時代にかけて活躍した一門の名前です。中でも、刀剣、刀身彫刻、鐔(つば)に長じた埋忠明寿(みょうじゅ)の作品は刀剣界で高く評価されてきました。 しかし埋忠一門は刀剣や鐔の制作だけにとどまらず、古い名刀の仕立て直しや金象嵌銘(きんぞうがんめい)の嵌入(かんにゅう)作業、あるいは金具(鎺(はばき))の制作や名刀の記録作業など、名刀をめぐる幅広い彫金加工にも従事していました。これらの作業は明寿を含む埋忠工房全体で行われていたと考えられます。 今回の展覧会では、従来から高く評価されている埋忠一門の刀剣・刀装具を紹介すると同時に、埋忠一門が手がけた、仕立て直しや金具制作、名刀の記録といった「それ以外」の活動に着目し、当時の時代背景からその実像を探るものです。桃山時代の京都で新しくみずみずしい造形を刀剣・刀装具にもたらした、埋忠一門の多彩な活動をふりかえることで、それらが現在に残した影響の大きさを改めて知ることができます。 展示構成 序章 埋忠の登場まで -古刀から慶長新刀まで Ⅰ章 刀工・鐔工としての埋忠一門 〈1〉埋忠明寿の刀剣と鐔 〈2〉埋忠一門と刀身彫刻・鐔制作 Ⅱ章 埋忠一門の実像 〈1〉『埋忠刀譜(埋忠銘鑑)』の世界 〈2〉埋忠家の鎺制作 〈3〉本阿弥家と埋忠一門 〈4〉埋忠一門と西国大名 終章

    【応募締切】2020.10.21
    【当選発表】2020.10.23

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 大阪府

      カンタロさん

    • 兵庫県

      新の字さん

    • 兵庫県

      まさおさん

  • 《ふくしま物語~桃源郷59の願い~》 2019(平成31)年 株式会社 東邦銀行 蔵 《黄バラ物語》 2015(平成27)年 箱根・芦ノ湖 成川美術館 蔵 「齋正機の世界展~ふくしまものがたり~」企画趣旨 本展は、今の画風に至るまでの「初期作品」から、おもに故郷福島に取材した「風景画シリーズ」、子供の頃から親しんだ鉄道を始めとする「鉄道シリーズ」、あたたかい眼差しで描いた「子どもシリーズ」から厳選した約40点ほかスケッチなどをご紹介いたします。特に、故郷福島への熱い想いから制作された「ふくしま物語~桃源郷59の願い~」は、高さ1.8m、長さ6mの超大作で、そこに付けられた詩は、福島59市町村を桜に見立てて表現した作品であり、必見となりましょう。 齋の描く、日本の風景や日常の何気ない情景は、優しく柔らかく私たちの心に沁みわたるような感動を与え、忘れていた大切な何かを思い出させてくれます。老若男女すべての方々に楽しんでいただける展覧会になることと確信しております。 「齋正機の世界展~ふくしまものがたり~」展覧会の構成 ■初期の作品 東京藝術大学の修了制作で「聲」を制作して以降、金箔、無彩色を使った新しい表現を試みる。 しかし福島帰省時に生まれ故郷の土蔵や農家のトタン屋根の色彩に感動し、素直に美しく描く色彩表現に目覚めた。そして『キモチシリーズ』が誕生する。 ■福島の原風景 様々な福島の地域を取材し、風景画を描くようになる。 四季の田園風景と幼い頃からの記憶風景を独特の感性で混ぜ合わせ、齋ワールドを作り上げていく。 ■鉄道と心動いた風景と 国鉄機関士の父、そして福島機関区が近くにあったため、鉄道に思い入れが深かった齋正機。 次第に鉄道の日本画も多くなっていく。 同時に福島以外にも原風景を感じる地域を探し始める。 ■子供シリーズ 2005年、自身の女の子の誕生から子どもの仕草の面白さに心惹かれる。 そこから、母子愛、兄弟愛、動物愛を含めて、子供シリーズが誕生する。 ■ふくしま物語 福島県の59市町村のかたちを桜に見立て、復興の願いを込めて描いています。

    【応募締切】2020.10.19
    【当選発表】2020.10.21

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      ボス!さん

    • 東京都

      えっこさん

    • 東京都

      Karlさん

    • 東京都

      M071さん

    • 東京都

      ヒトミンさん

  • 唐獅子図屛風 狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀 東京・宮内庁三の丸尚蔵館蔵 後期展示 国宝 檜図屛風 狩野永徳筆 安土桃山時代・天正18年(1590) 東京国立博物館蔵 前期展示 桃山―天下人の100年 政治史における安土桃山時代は、1573年の室町幕府の滅亡から1603年の江戸幕府開府までの30年間をさします。この30年間に花開いた、日本美術史上、もっとも華麗で豪壮な「桃山美術」を中心に、室町時代末から江戸時代初期にかけて移り変わる日本人の美意識を数々の名品で紹介します。 本展は、室町時代末から江戸時代初期にかけての激動の時代に生まれた美術を概観し、美術史上「桃山時代」として語られるその美術の特質を、約230件の優品によってご覧いただけるまたとない機会です。およそ半数が国宝・重要文化財作品となります。 みどころ 1、変革の時代を語る「桃山美術の教科書」―天下人の100年に迫る 室町末から江戸初期までの激動の100年間、この時代の美術が、何を受け継いで誕生し、後世にどのような影響を与えたのかを、教科書でも知られる戦国武将や茶人、文化人など有名人ゆかりの絢爛豪華な作品で検証します。政治とともに美術も変革の時代であったことが一目瞭然となる展覧会です。 2、戦国ファン必見!―天下人の美術 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。天下の覇権が争われた時代の富と権力を誇示するたくましい造形から、平和な時代に適した優美で瀟洒な美への展開を、名品によって分かりやすくご紹介します。戦国武将たちの活躍した時代を代表する優品により、中世と近世をつなぐ100年を体感してください。 3、時代を写し、心を凝縮した造形の数々 絵画では、狩野元信(かのうもとのぶ)から孫の永徳(えいとく)、その孫の探幽(たんゆう)。永徳のライバル長谷川等伯(はせがわとうはく)や海北友松(かいほうゆうしょう)、雲谷等顔(うんこくとうがん)による障屛画や、江戸時代初期の風俗を写した風俗画。上杉謙信や豊臣秀吉、伊達政宗など戦国武将ゆかりの武具甲冑。千利休(せんのりきゅう)や古田織部(ふるたおりべ)ゆかりの茶道具の他、高台寺蒔絵(こうだいじまきえ)や南蛮美術など、様々な分野の時代を代表する作品約230件。全国を駆け回らないと見ることのできない作品が一堂に集められています。

    【応募締切】2020.10.19
    【当選発表】2020.10.21

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 神奈川県

      オアズマンさん

  • 重要文化財 柄杓を持つ女性埴輪 栃木県甲塚古墳出土 6世紀後半 下野市教育委員会蔵 髪結 F・ベアト撮影 1863(文久3)年 長崎大学附属図書館蔵 企画展示「性差の日本史」 男女の区分―なぜ?男女はどう生きた? 政治の場から買売春の歴史まで 驚きと発見に満ちたジェンダーの成り立ちとその変化を総覧 時の流れに浮かんでは消える無数の事実を指す「歴」と、それを文字で記した「史」。日本列島社会の長い歴史のなかで、「歴」として存在しながら「史」に記録されることの少なかった女性たちの姿を掘り起こす女性史研究を経て、新たに生まれてきたのが、「なぜ、男女で区分するようになったのか?」「男女の区分のなかで人びとはどう生きてきたのか?」という問いでした。 本展は、重要文化財やユネスコ「世界の記憶」を含む280点以上の資料を通して、ジェンダーが日本社会の歴史のなかでどんな意味をもち、どう変化してきたのかを問う、歴史展示です。 みどころ ・男女を区分するのはなぜ?ジェンダーの成り立ちとその変化を明らかにする、初めての歴史展示。 ・甲塚古墳―他に類を見ない希少な埴輪を展示。国内唯一の出土例である、重要文化財の機織型埴輪2体のうち1体と「機を織る女性坐像」の3D画像を公開! ・重要文化財《美人(花魁)》高橋由一画とともに、新吉原遊廓稲本屋の売れっ子遊女・小稲の直筆手紙や遊女たちの日記なども初公開!衣装や道具、手紙や日記からみる遊女・娼妓のくらしと買う男たち。買売春の抑圧の構造を社会の特徴から明らかにする、画期的な展示。 ・日本初のユネスコ「世界の記憶」から、山本作兵衛の炭坑記録画《入坑(母子)》など3点を出品! ・女性の王や官僚が当たり前だった古代から、明治憲法体制下での完全な女性の排除、そして現代へ――空間に着目して政治とジェンダーの歴史を解き明かす。

    【応募締切】2020.10.17
    【当選発表】2020.10.19

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      所さんさん

    • 千葉県

      ちゃん2さん

    • 千葉県

      うませんべいさん

    • 東京都

      きのさんさん

    • 神奈川県

      ramさん

  • ©「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会 ©「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会 ©「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会 映画『ファンファーレが鳴り響く』 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020のオープニング作品 「されど青春の端くれ」で2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でグランプリ&シネガーアワード(批評家賞)の二冠を受賞した森田和樹監督の待望の最新作がついに完成した。商業作品デビューとなる森田監督の人生を投影するスプラッター青春群像劇。 主演は「おいしい家族」、「ラ」、「花と雨」などの話題作に次々と出演する笠松将、ヒロインに「Dressingup」で第7回田辺・弁慶映画祭及び第14回TAMANEWWAVEで女優賞を受賞した祷キララ。その他、川瀬陽太、黒沢あすか、大西信満、日高七海、上西雄大、木下ほうかなど、日本映画を支えてきた役者たちが脇を固める。 主題歌は話題のシンガーソングライターのsachi.が完全書き下ろしで新曲を発表した。 あらすじ 高校生の明彦は、鬱屈した日々を過ごしている。 持病の吃音症が原因でクラスメイトからイジメられ、家族にその悩みを打ち明けられないどころか、厳格な父親からは厳しく叱咤され、母親からは憐れんで過度な心配をされ、脳内で空想の神を殺しなんとか自身を保っている状態だ。 そんなある日、明彦はクラスメイトの才色兼備な女子生徒、光莉が野良猫を殺している現場に偶然居合わせてしまう。光莉は、生理の時に見た自分の血に興味を駆られ、他者の血を見たい欲求を持っていた。光莉は「イジメてくる奴らを殺したいと思わない?」と明彦に問いかける。その日から明彦の中で、何かが変わったのだった。 明彦は、自身が学校でイジメられていることをホームルーム中に訴える。そのせいで明彦はさらにイジメグループから追い回されることになり、街中逃げ回るが、ついに追いつめられる。しかしそこで、光莉がまた野良猫を殺していた。そしてそのナイフで、光莉はなんと明彦をイジメている同級生を殺してしまう…。 二人はその現実から逃げるように東へと向かう。その最中に出会う、汚い大人たちをさらに殺していき、二人の血に塗れた逃亡劇は確実に悲劇に向かっていくのだった…。

    【応募締切】2020.10.17
    【当選発表】2020.10.19

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 神奈川県

      yucchieさん

  • Photo by Iain Macmillan ©Yoko Ono ベッド・インの際に使用したジョンのギター(ジョンとヨーコのイラスト入り)Photo by Miki Slingsby Courtesy of Yoko Ono “DOUBLE FANTASY – John & Yoko”は、2018年5月から2019 年11月までジョンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催された⼤規模な展覧会。”ジョンの故郷であるリバプールのために”とヨーコ自身も深く関って完成させたその圧倒的な内容で高い評価と反響を呼び、会期も当初の予定から7カ月も延長、異例の70万人を動員した。 話題の展覧会が、ジョン・レノン生誕80年、そしてその生涯を閉じてから40年となる2020年10月9日、ジョンの故郷リバプールから、ヨーコの故郷東京にやってくる︕ “DOUBLE FANTASY - John & Yoko” ~ジョンとヨーコの言葉・メッセージ、作品だけで満たされる世界初の展覧会~ 世界で最も有名でクリエイティブなカップル、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語を、二人が世界に発したメッセージや言葉、音楽&アート作品、貴重な私物を通して追体験できる世界初の画期的な展覧会。 時系列に沿って展開する展示は、前衛芸術界を牽引する一人の芸術家ヨーコと、世界的ロック・スタージョン、という二人の天才の誕生から、1966年ロンドン・インディカ・ギャラリーでの運命的出会いを経て、その後互いに影響を与えあったアーティスト活動全般を巡り、現在まで続く “IMAGINE PEACE(イマジン・ピース)”キャンペーンを探訪する。 東京展では、本邦初公開作品を含む独自展示コーナーも決定。ジョンが日本を習得するために描いたローマ字とイラストによるスケッチの原画や、軽井沢での和やかな家族写真・アイテムなど、日本との絆を感じさせる品々が並ぶ。

    【応募締切】2020.10.14
    【当選発表】2020.10.16

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 北海道

      ken47さん

    • 千葉県

      まことごんたさん

    • 東京都

      picciさん

    • 富山県

      hiro.さん

    • 大阪府

      wataruさん

    • 大阪府

      ともさん

    • 大阪府

      グランパさん

    • 兵庫県

      ふゆひこ50さん

    • 岡山県

      hirokiさん

    • 福岡県

      甘えん坊将軍さん

  • © 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会 © 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会 食は人の天なり 映画『犬神家の一族』や『セーラー服と機関銃』を筆頭に、1970年代から80年代にかけて娯楽映画の見かた・あり方を変えてきた革命的プロデューサー・角川春樹。製作者としてのみならず映画監督という顔も持つ角川春樹が、前作から約10年ぶり8本目の監督作にして 生涯最後の映画監督作を完成させた。それが、万物の原点である食をテーマにした『みをつくし料理帖』だ。 若手再注目株の女優・松本穂香と奈緒が紡ぐ友情と絆 名作・話題作のみならず、多くのスターを輩出してきた角川春樹が“生涯最後の映画監督作”で主演に抜擢したのは、 今最も波に乗る若手女優の松本穂香。江戸・神田にある蕎麦処「つる家」で働く女料理人・澪を演じる。TBS系連続ドラマ『この世界の片隅に』での演技と、紀行番組『 世界ウルルン滞在記』での自然体の姿に惚れ込んだ角川春樹の期待に応えるべく、松本穂香は撮影前に料理修行に励んだ。そのひたむきさは料理と真摯に向き合う澪そのもので、違和感なくキャラクターに息を吹き込んでいる。 澪と離れ離れになってしまった幼なじみの野江を演じるのは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で注目を集めた女優の奈緒。澪にとっての無邪気な幼馴染・野江と吉原で頂点を極めるあさひ太夫というコントラストをさりげないしぐさや表情で情感たっぷりに演じている。澪と野江を繋ぐ橋渡し的存在になる又次を演じるのは、『男たちの大和/YAMATO』でも存在感を発揮した歌舞伎俳優の中村獅童。あさひ太夫を守るためならば命も惜しまない無骨さを見せる一方で、澪と野江の再会のために一肌脱ぐ情に厚い一面を見せる。 角川春樹最後の監督作品に豪華メンバーが集結 かつての角川映画に出演した豪華面々も、“生涯最後の映画監督作”に花を添えるべく大集結。『犬神家の一族』で金田一耕助という当たり役を得た石坂浩二が、蕎麦処「つる家」の主人・種市を好演。澪が“ご寮さん”と慕う元天満一兆庵の女将・芳を『蒼き狼 〜 地果て海尽きるまで 〜 』の若村麻由美が演じ、おせっかいな長屋の隣人・おりょうを『スローなブギにしてくれ』で主演デビューした浅野温子が務める。そして角川映画が生んだトップ女優の一人である薬師丸ひろ子が「つる家」の常連客で澪を気にかけるお百役で、さらに薬師丸とともに“角川三人娘 の一人として角川映画を背負う存在となった渡辺典子が特別出演を果たす。そのほか榎木孝明、鹿賀丈史、野村宏伸、永島敏行、松山ケンイチ、反町隆史ら角川映画常連組が駆け付けた。 角川組初参加の顔ぶれも主演級の俳優陣が揃った。澪に気づきを与える御膳奉行・小松原を窪塚洋介、あさひ太夫の正体を暴こうとする戯作者を藤井隆、神田の町医者を小関裕太、吉原の遊女を元乃木坂46の衛藤美彩、あさひ太夫の秘密を握る男を村上淳が演じる。 「食は人の天なり」。角川春樹監督作史上、最も愛らしく、優しく、涙なしでは見られない人情噺。原作誕生10年を経て新たな時代に贈る温もりと感動を、冷めないうちに召し上がれ。 物語 「泣き味噌やなぁ、澪ちゃん。狐はコンコン、涙はこん、こん。怒られるんも、罰当たるんも一緒や。」 時は、享和二年。大坂。8歳の澪(松本穂香)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼馴染だった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす二人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。――それから時は流れ、江戶の神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働いていた。しかし江戶の味に馴染めず試行錯誤の日々を過ごしいたのだが、やがて「つる家」の看板料理を見出していく。たちまち江戶でも評判になっていく店にある日、吉原の扇屋で料理番をしている又次(中村獅童)という強面の男がやってきた。吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼むのだった。そして、この日を境に運命の⻭車が動き出す。果たして、澪と野江は再会を果たせるのか? 幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。

    【応募締切】2020.10.14
    【当選発表】2020.10.16

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      はとのおくさんさん

    • 東京都

      BARUさん

    • 神奈川県

      kantaro34さん

    • 宮崎県

      長チャンさん

  • © 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会 © 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会 食は人の天なり 映画『犬神家の一族』や『セーラー服と機関銃』を筆頭に、1970年代から80年代にかけて娯楽映画の見かた・あり方を変えてきた革命的プロデューサー・角川春樹。製作者としてのみならず映画監督という顔も持つ角川春樹が、前作から約10年ぶり8本目の監督作にして 生涯最後の映画監督作を完成させた。それが、万物の原点である食をテーマにした『みをつくし料理帖』だ。 若手再注目株の女優・松本穂香と奈緒が紡ぐ友情と絆 名作・話題作のみならず、多くのスターを輩出してきた角川春樹が“生涯最後の映画監督作”で主演に抜擢したのは、 今最も波に乗る若手女優の松本穂香。江戸・神田にある蕎麦処「つる家」で働く女料理人・澪を演じる。TBS系連続ドラマ『この世界の片隅に』での演技と、紀行番組『 世界ウルルン滞在記』での自然体の姿に惚れ込んだ角川春樹の期待に応えるべく、松本穂香は撮影前に料理修行に励んだ。そのひたむきさは料理と真摯に向き合う澪そのもので、違和感なくキャラクターに息を吹き込んでいる。 澪と離れ離れになってしまった幼なじみの野江を演じるのは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で注目を集めた女優の奈緒。澪にとっての無邪気な幼馴染・野江と吉原で頂点を極めるあさひ太夫というコントラストをさりげないしぐさや表情で情感たっぷりに演じている。澪と野江を繋ぐ橋渡し的存在になる又次を演じるのは、『男たちの大和/YAMATO』でも存在感を発揮した歌舞伎俳優の中村獅童。あさひ太夫を守るためならば命も惜しまない無骨さを見せる一方で、澪と野江の再会のために一肌脱ぐ情に厚い一面を見せる。 角川春樹最後の監督作品に豪華メンバーが集結 かつての角川映画に出演した豪華面々も、“生涯最後の映画監督作”に花を添えるべく大集結。『犬神家の一族』で金田一耕助という当たり役を得た石坂浩二が、蕎麦処「つる家」の主人・種市を好演。澪が“ご寮さん”と慕う元天満一兆庵の女将・芳を『蒼き狼 〜 地果て海尽きるまで 〜 』の若村麻由美が演じ、おせっかいな長屋の隣人・おりょうを『スローなブギにしてくれ』で主演デビューした浅野温子が務める。そして角川映画が生んだトップ女優の一人である薬師丸ひろ子が「つる家」の常連客で澪を気にかけるお百役で、さらに薬師丸とともに“角川三人娘 の一人として角川映画を背負う存在となった渡辺典子が特別出演を果たす。そのほか榎木孝明、鹿賀丈史、野村宏伸、永島敏行、松山ケンイチ、反町隆史ら角川映画常連組が駆け付けた。 角川組初参加の顔ぶれも主演級の俳優陣が揃った。澪に気づきを与える御膳奉行・小松原を窪塚洋介、あさひ太夫の正体を暴こうとする戯作者を藤井隆、神田の町医者を小関裕太、吉原の遊女を元乃木坂46の衛藤美彩、あさひ太夫の秘密を握る男を村上淳が演じる。 「食は人の天なり」。角川春樹監督作史上、最も愛らしく、優しく、涙なしでは見られない人情噺。原作誕生10年を経て新たな時代に贈る温もりと感動を、冷めないうちに召し上がれ。 物語 「泣き味噌やなぁ、澪ちゃん。狐はコンコン、涙はこん、こん。怒られるんも、罰当たるんも一緒や。」 時は、享和二年。大坂。8歳の澪(松本穂香)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼馴染だった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす二人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。――それから時は流れ、江戶の神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働いていた。しかし江戶の味に馴染めず試行錯誤の日々を過ごしいたのだが、やがて「つる家」の看板料理を見出していく。たちまち江戶でも評判になっていく店にある日、吉原の扇屋で料理番をしている又次(中村獅童)という強面の男がやってきた。吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼むのだった。そして、この日を境に運命の⻭車が動き出す。果たして、澪と野江は再会を果たせるのか? 幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。

    【応募締切】2020.10.14
    【当選発表】2020.10.16

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      エノチャンさん

    • 東京都

      いつもまちぼうけさん

    • 神奈川県

      mtatibanaさん

    • 愛知県

      ajumaさん

    • 大阪府

      たあちやんさん

    • 福岡県

      さとのゆきさん

  • 宇井 眞紀子/『東京好奇心 2020 渋谷』/Bunkamuraザ・ミュージアム/10月20日~11月12日 ミッシェル・フラピエ/『東京好奇心 2020 渋谷』/Bunkamuraザ・ミュージアム/10月20日~11月12日 100人の写真家があなたを揺さぶる <東京好奇心>は、「"写真”という表現媒体を通じて社会のために何かできることはないか?」という思いから組織された活動体<NPO 東京画>が2018年に立ち上げたプロジェクトです。16の国と地域を拠点に活動する写真家 100 人の強い“好奇心”から生まれた写真作品を通して、“私たちの居場所=東京”を見つめ直し、目の前に広がる未来、そして、そこに生きる自分自身の存在について考えてもらいたい」と、2018年1月に渋谷ヒカリエでキックオフした本企画は、同年 10 月に「ジャポニスム2018」特別企画としてパリ市4区庁舎で展覧会を開催、また、 2019年4・5月には、「東京ベルリン友好都市関係締結2周年」記念事業として、ベルリン市庁舎およびベルリン日独センターにて展覧会とシンポジウムを開催しました。 いまだかつてない危機に世界全体が直面している今、目の前で起きていることから目を背けず、待ち受ける未来についてひとりひとりが考えるべき時にきています。世界中が注目する「東京」という都市において、何を大切だと感じ、何を美しく、悲しく想い、どんな課題を自覚し、 そしてこの先にどんな可能性を見つけるのか。 常に変化し続けてきた東京の姿 、そこに存在する人の生き様 、記憶の彼方に葬ってはいけない歴史100人の写真家による約200点の写真作品 が、「あなた」の好奇心を揺さぶります。 この秋、東京の本質を色濃く反映する渋谷でいよいよ幕を開ける国際的プロジェクトの集大成にどうぞご期待ください。 『東京好奇心 2020 渋谷』100名の写真家 淺川 敏、ナヴィッド・バラティ、リオネル・ベカ、エヴァレット・ケネディ=ブラウン、地蔵 ゆかり、レナート・ダゴスティン、榎並 悦子、マイケル・フェザー、ステファニー・フレス、ミッシェル・フラピエ、藤井 春日、福原 信三、ゴトー・アキ、ローランド・ハーゲンバーグ、 トーマス・ハラ、平林 達也、広川 泰士、広川 智基、寳槻 稔、本城 直季、保坂 昇寿、細江 英公、池 厚一郎、伊奈 英次、稲越 功一、 石下 理栄、石山 貴美子、伊藤 計一、神宮 巨樹、神村 大介、叶野 千晶、加藤 純平、河西 春奈、古賀 絵里子、小島 康敬、こくまい 太、クー・ボンチャン、公文 健太郎、栗原 論、ホワン・レー・ギエン、セヴァスチャン・ルベーグ、スティーヴン・リー、イルス・リーンダース、 マーティン・ロイツェ、エドワード・レビンソン、ステイシー・リウ、ルット=ブレス・ルクセンブーグ、牧野 智晃、港 千尋、宮原 夢画、宮腰 まみこ、サラ・ムーン、森田 友希、森山 大道、中野 正貴、中島 洋紀、西野 壮平、野田 光治、野村 佐紀子、大西 みつぐ、大和田 良、大矢 真梨子、奥山 淳志、オノツトム、セサル・オルドネス、ラルス・ピルマン、マーク・リブー、ナナ・サフィアナ、サトウタケヒト、新藤 琢、新谷 有幹、リリー・シュウ、ヴァンサン・スリエ、ジェレミー・ステラ、菅原 一剛、鋤田 正義、澄 毅、 田原 桂一、瀧本 幹也、達川 清、立木 義浩、所 幸則、東松 照明、土田 ヒロミ、内田 京子、上田 義彦、宇井 眞紀子、宇壽山 貴久子、ルイーズ=クレール・ワーグナー、鷲尾 和彦、わたなべ みか、渡辺 一城、セリーン・ウー、山田 祐基、ハービー・山口、山本 雅美、柳本 尚規、横木 安良夫、ナディラ・ザカリヤ、ギュンター・ツォーン

    【応募締切】2020.10.12
    【当選発表】2020.10.13

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      Hawai'i Mahaloさん

    • 東京都

      tokukiyoさん

    • 東京都

      jgc2855さん

  • 《富士五湖》 絹本着色(六曲一双屏風) 1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵 《富士五湖図》 絹本着色(六曲一双屏風) 1947(昭和22)年 姫路市立美術館蔵 姫路市立美術館にて、明治から昭和にかけて活躍した日本画家・福田眉仙の作品約80点を一堂に展示する企画展「日本画家 福田眉仙展」が、10月10日(土)~11月15日(日)の期間で開催されます。 1940年に開催予定だった幻の東京五輪に向けて制作され、戦災により焼失したと考えられていた《富士五湖》の最初の作品と、1947(昭和22)年に再制作した作品の両方が一度に展示されるのは初めてとなります。 展覧会概要 福田眉仙は現在の相生市に生まれた日本画家です。久保田米僊、橋本雅邦に入門。日本美術院にも参加しました。1909(明治42)年、岡倉天心の勧めで中国に渡って各地を写生し、その成果は『支那三十図巻』 という大作の絵巻に仕立て上げられます。また1940(昭和15)年に開催が予定されていた東京オリンピックにあわせ、国立公園十二景を描いた連作屏風を制作し、海外からの訪問者に日本を紹介する展覧会の開催を企画するなど、旺盛に活動していました。 しかし横山大観との意見の相違などから、中央画壇からは遠ざかっていきました。また、戦災により多くの作品が焼失あるいは散逸し、作家としての全体像も見えにくくなっています。 岡倉天心が「南画に向いている」と評した眉仙ですが、その本質は米僊や雅邦から受け継いだ「写生」であり、作品の制作にあたっては対象を実際に見てスケッチしてから臨んでいたことがうかがえます。 本展では、当館で所蔵する国立公園十二景のひとつ『富士五湖』 や 『支那三十図巻』など眉仙の代表作を中心に、眉仙の作品を一堂に展示いたします。 福田眉仙プロフィール 赤穂郡矢野村(現相生市)に生まれる。本名周太郎。久保田米僊、橋本雅邦に学び、24,5歳の頃から絵画共進会、内国勧業博覧会等に出品し、度々受賞する。岡倉天心の勧めにより、1909(明治42)年中国に渡る。足掛け3年の滞在中、実際に目にした中国の風景を、数多くのスケッチに残す。帰国後、中国に題材をとった作品を次々と制作。特に山水風景をよくし、京都大覚寺、神護寺などの天井絵、襖絵なども描いた。

    【応募締切】2020.10.12
    【当選発表】2020.10.13

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 京都府

      にゃーさん

    • 大阪府

      takaakiさん

    • 大阪府

      かーくんさん

    • 兵庫県

      きょうぞうさん

    • 兵庫県

      おでんケーキさん

  • © Akiko Igarashi © Akiko Igarashi イントロダクション 眠ってしまって目覚めない夫・草一。 草一の心を見ようとする研究者・三島碧。 碧に惹かれる真崎トオル。 真崎は、碧を手にしたいという欲望を持ちながらも、相手にとって何が一番幸せかを考えている。碧は、自分が見ているのが本当の草一の心なのか確信が持てないながらも、草一の心を見ることに執着している。心として姿を表す草一は、目覚めることのない自分を思い続ける碧への別れの言葉を見つけられずにいる… 報われない、手に入らない思いを抱えた3人たちが迎える決着は…? 「もしも心を可視化できたら?」という着想から始まり、SF的要素と恋愛感情を掛け合わせ、観客の認識を静かに揺らす、不思議な「心」の恋愛映画。 本作は、大阪を拠点に、2004年より映像制作者の人材発掘を行っているシネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)の第13回助成作品で、第12回大阪アジアン映画祭 インディ・フォーラム部門及びアメリカのThe Philip K Dick Science Fiction Film Festivalに正式上映され、日本芸術センター第10回映像グランプリでは優秀映画賞を受賞した。 主人公・真崎には、繊細且つ静かな強さを持つ演技で揺れ動く心を表現した吉田龍一、信念を持ち続けながらも、時折見せる弱さが魅力的な研究者・碧役に白河奈々未、本人の心の可視化なのか、碧の願望の可視化なのか、微妙な演技で観客をも惑わす夫・草一役に『ハッピーアワー』の申芳夫、真崎に思いを寄せ、真崎に重要なことは何かを訴えるアスミ役に伊吹葵、理事長役に宝塚歌劇団の元星組娘役スターの青山雪菜。その他、同僚・水沢役に、俳優業の傍ら、監督としても活躍する石田清志郎など、CO2俳優特待生に選ばれた関西出身の注目の才能が顔を揃えた。 あらすじ ある大学の研究室で、「心を可視化する機械」の開発が行われていたが、実験中に事故が起こり、開発者の三島草一(申芳夫)が意識不明のまま目覚めなくなる。共同研究者で草一の妻の碧(みどり、白河奈々未)は開発を続け、草一の心の可視化を試みていた。成果を出さない開発を疎ましく思う大学側は、機械の調査という名目で、真崎トオル(吉田龍一)を研究室に送り込む。 可視化された草一を目の当たりにする真崎。果たして、真崎が目にした人物は、可視化された草一の心なのか、碧の願望が可視化されたのか?徐々に碧に惹かれていく真崎は、本当に重要なことは何なのかということに気づいていく。

    【応募締切】2020.10.10
    【当選発表】2020.10.12

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 富山県

      alinkoさん

  • 天才デザイナーのカラフルな人生に初密着! 帝国を築いた伝説のファッションブランド「ピエール・カルダン」。未来的なコスモコール・ルックで若者を熱狂させたモード界のパイオニアに初密着!98歳の今も現役で活躍するレジェンドが語るのは、ファシズムが台頭する祖国イタリアからフランスへ逃れた記憶に始まり、先鋭的すぎてファッション界から敬遠された苦悩と反撃、ジャンヌ・モローとの運命的な恋、芸術に情熱を注いだ劇場運営、門前払いされた高級レストラン「マキシム・ド・パリ」のリベンジ買収など、波乱万丈でカラフルな人生だ。 ファッション後進国だった日本や人民服を着ていた中国に先陣を切って乗り込み、“装う”楽しさを世界中に伝えたカルダン。秘蔵映像や豪華なゲストたちの証言から浮かび上がるのは、スキャンダラスな天才デザイナーのチャーミングな素顔と輝かしいレガシー。 楽しく生きたい全てに人に贈るドキュメンタリー! 「ピエール・カルダン」偉業トップ5 1、高級サロンからデパートへ!大衆向けに「既製服(プレタポルテ)」を発売し、ファッションを民主化 2、世界初!メンズコレクションを開拓。ビートルズも襟なしジャケットを愛用 3、国籍も肌の色も関係ナシ。白人モデルが主流の時代に日本人や黒人モデルを起用 4、ライセンス契約を導入。飛行機からタオルまで約800点をデザイン 5、社会主義国の中国やソ連で初めてファッションショーを敢行 「ピエール・カルダン」プロフィール 1922年7月2日イタリアのヴェニス近郊生まれ。2歳の時にファシズムが台頭する祖国イタリアからフランスへ一家で移住し、第二次世界大戦下には赤十字社に勤めた。 45年、憧れだったパリに移りマダム・パカンのアトリエにて、ジャン・コクトーの映画『美女と野獣』の衣装や仮面の制作を担当する。その後、コレクション・デビュー時のクリスチャン・ディオールのもとで働き、50年に独立。自身のアトリエを構え、バレエ、演劇、映画のコスチュームなどを多く手がけ、53年に初めてのオートクチュール(高級仕立服)・コレクションを発表し一躍注目を浴びる。 59年、フランス オートクチュール協会のメンバーとして、最初に婦人プレタポルテ(既製服)・コレクションを発表、男性モード界にも進出する。ファッション後進国だった日本や、社会主義国の中国やソビエト連邦などに積極的に進出し、活躍の場を広げる。ライセンス契約をファッション業界で初導入し、飛行機や自動車からタオルまであらゆるライフスタイルに関わる商品をデザインし、現在も110カ国で展開されている。14年、その輝かしい功績を知ることができるカルダン美術館がパリにオープンした。 デザインの他に70年に、演劇やライブを行う「エスパス・ピエール・カルダン」を開設し、新人アーティストや伝統芸術の支援に精力的に取り組む。01年には南仏ラコスト城のオーナーとなり、毎年夏に芸術フェスティバルを開催。81年、パリの老舗高級レストラン「マキシム・ド・パリ」を完全買収し、自身のアールヌーボー・コレクションをレストラン内に展示するなど、芸術文化と深い関わりを持ち続けている。ユネスコ名誉大使やフランス学士院芸術アカデミー会員に選出されるなど多岐にわたり活躍中。

    【応募締切】2020.10.10
    【当選発表】2020.10.12

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      のぶこん1さん

    • 千葉県

      tinkyさん

    • 東京都

      ちゃーちゃさん

  • ©Transfax Film Productions ©Transfax Film Productions イントロダクション 一度目は、結ばなかった。 二度目は、結べなかった。 三度目は、……。 靴ひもを結ぶ--その動作が、二人の運命を変える。 一度は家族を捨てた父と、発達障害のある息子。 約30年ぶりの共同生活は、せつなくも愉快な発見の連続。 完璧な人なんていないし、人はいくつになっても成長する。 世界で大きな感動を呼んだ、心揺さぶる大人の親子の物語。 母の突然の死により、同じ屋根の下で暮らすことになった父と息子。息子は明るく誰に対してもフレンドリーな一方で、食べ物の配置から眠る前の儀式まで生活習慣へのこだわりが強く、苦手なことも多い。父はそんな息子にどう接したらいいか分からない。さらに長年、子育てから逃げていた負い目もあり、戸惑ってばかり。そんな二人がようやく打ち解けた頃、息子は病を抱える父にあることを提案するが、父は愛ゆえにそれを拒むのだった——。 複雑で普遍的な親子の愛憎と、予測のつかない展開で本国イスラエルやアメリカで大きな感動を呼んだドラマがついに日本上陸! なおタイトルの『靴ひも』は、息子の苦手な動作の一つである「靴ひもを結ぶこと」を指しており、本作では父子の関係の変化と成長の象徴として三度登場する。三度目の靴ひものシーンがもたらす展望は、観る者すべての心にあたたかい光を灯すに違いない。 ストーリー エルサレムで小さな車の整備工場を営むルーベンの生活は、ある日一変した。数十年前に別れた妻が交通事故死し、一人息子のガディを引き取ることになったのだ。30代半ばのガディには発達障害があり一人暮らしが困難なため、受け入れてくれる施設が見つかるまでの間、父と息子は狭いアパートで同居することになる。 今まで自分を守ってくれていた母を突然失い、悲しみと不安に包まれたガディに対し、ルーベンは戸惑うばかり。さらにガディには皿の上の食べ物の配置から、寝る前のルーティンにまで、独自のこだわりがあり、長年疎遠だったルーベンはどう対応すればいいのか分からない。だが、誰に対してもフレンドリーで明るいガディは、整備工場やルーベンの行きつけのリタの食堂ですぐに人気者になるのだった。そしてガディは整備工場の従業員デデの恋人で食堂で働くアデラに恋をする。 やがてルーベンとガディの互いの存在に慣れ始めた頃、ルーベンは末期の腎不全と診断され、人工透析が必要になる。また、障害者の自立支援コミュニティに空きが出るまで3、4ヶ月かかることが判明し、ルーベンはソーシャルワーカーのイラナの勧めで特別給付金を申請する。その面接の場で、ガディは特別な支援が必要であるとアピールするため、靴ひもを結べないふりをする。 ルーベンの体調が悪化し、医師から腎臓移植が必要だと告げられる。ガディが自分の腎臓を提供すると申し出、ルーベンは拒絶する。それを自分に欠陥があるせいだと思い込んだガディは、これまで以上に塞ぎ込んで薬を飲まなくなり、母に加えて父も失うことへの不安もあいまって発作を起こしてしまう。 ついにルーベンはガディの望みを受け入れ、二人は腎臓の適合検査を受けて合格するが、新たな壁が立ちはだかる。特別支援が必要なガディは、手術に伴うリスクなどを理解していないと見なされ、後見人であるルーベンのドナーにはなれないというのだ。ガディは再び専門家の面接を受け、靴ひもを結ぶよう指示される。だが、この時に限ってガディは手が震えて結べなくなる……。 面接の結果、ドナーの資格がないと判断されたガディはしかし諦めなかった。ガディはイラナの協力を得て、専門家たちに自らの意志の強さを認めさせる。そして、父と息子は移植手術の日を迎えるが——。

    【応募締切】2020.10.07
    【当選発表】2020.10.09

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      牛猫さん

    • 東京都

      tontontontonさん

  • © 2019 Studio 100 Animation – Studio 100 Media GmbH – Belvision © 2019 Studio 100 Animation – Studio 100 Media GmbH – Belvision 進め!夢と希望の大海原へ!完全オリジナルストーリーで贈る、新しい冒険と、新しいビッケの物語。 原作はスウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンによる児童文学の「小さなバイキング」シリーズ。半世紀に渡り世界130か国以上で愛され続け、日本ではドイツとの共同製作のテレビアニメが1972年から1974年にかけて放送され最高視聴率20.5%を記録、「ONE PIECE」([著] 尾田栄一郎)のモチーフにもなった名作がCGアニメーションで登場! 今作は、何でも黄金に変えてしまう魔法の剣の秘密を解き明かす物語で、原作にはない全く新しいオリジナルストーリー。ビッケが愛する母イルバを救うために、海賊の父ハルバルと仲間とともに、大冒険を繰り広げる。 ストーリー ビッケはバイキング・フラーケ族の族長ハルバルの息子。ハルバルは元気な力持ちだがどうも頭の回転が鈍く族長としては頼りない。そんな父とは正反対にビッケは小さくて力もないが、知恵は誰にも負けませんでした。ある日、母のイルバが魔法の剣の力で黄金に姿を変えられてしまいます。ハルバルは案内役のレイフと船員たちと海賊船で剣の秘密を解く旅に出発。おいてきぼりを食らったビッケはそっと樽に隠れ海賊船に乗り込みます。 知恵と仲間の力で困難を乗り越え、ビッケたちが辿り着いたのは謎の島。人間界に追放されたアズガルドに住む神、ロキが待ち受ける。ビッケたちの運命とは――!?

    【応募締切】2020.10.07
    【当選発表】2020.10.09

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 千葉県

      まあみさん

    • 東京都

      utamaroさん

    • 新潟県

      雨音さん

    • 大阪府

      いっとこさん

    • 福岡県

      あなちゃんさん

  • 小沢剛《帰って来たS.T.》(部分) 2020年 小沢剛《帰って来たK.T.O.》(部分) 2017年 撮影:椎木静寧 小沢剛《帰って来たドクターN》(2013年)の制作風景 小沢剛展 オールリターン —百年たったら帰っておいで 百年たてばその意味わかる 風景の中に自作の地蔵を建立し写真に収める《地蔵建立》や、日本美術史上の名作を醤油で描いてリメイクした《醤油画資料館》など数々のシリーズ作品を発表し、世界的に活躍する現代アーティストの小沢剛。近年はグローバルに活躍した近現代の人物を題材に事実とフィクションを交え、絵画、映像、音楽で構成される《帰って来た》シリーズに取り組んでいます。 同シリーズでは、これまでに野口英世、藤田嗣治、岡倉天心などに注目し、ガーナ、インドネシア、インドなど世界各地へ小沢自らが取材に訪れて現地のアーティストたちとの共同制作を行ってきました。 このたびの東北地方初となる大規模な個展に際し、作家は弘前ゆかりの近現代の人物「S.T.」を題材とした、本シリーズの新作を構想しました。イランの看板職人やミュージシャンらの協力を得て制作されたこの新作とともに、2013 年より開始されたシリーズ全5 作品を新たに構成し直し一挙に公開。歴史上の偉人たちのあまり知られていない側面に光を当て、文化の違いや時空を超えて、我々の生きる「今」についての思索を促す《帰って来た》シリーズを包括的に捉えます。 約100 年の時間を経て美術館として再生され「帰って来た」弘前れんが倉庫美術館において、大々的に開催される本展は、歴史の再考や未来の行方だけでなく、コロナ禍で旅や直接的な交流が制限されるなか、協働作業の可能性やコミュニケーションの在り方、さらには、芸術作品のかたちや土地や人との繋がりについても考えるまたとない機会になるでしょう。 展覧会のみどころ 1. 弘前ゆかりの人物を題材とした大型の新作を発表 小沢剛は2018 年より弘前れんが倉庫美術館のための新作構想に着手。弘前、青森県内、イランでのリサーチや協力者との議論、東京藝術大学や弘前市内の学生らとのワークショップ展示等を経て制作を進めてきました。約2 年の歳月をかけて完成した絵画と映像などからなる新作が、吹き抜けのダイナミックな空間に展開されます。 2. 《帰って来た》シリーズ全5 作品を再構成して公開 本展では、2013 年から2020 年にかけて制作された《帰って来た》シリーズ全5作品を通して、シリーズの全体像に迫ります。その際、それぞれ独立した作品ながら、異なる映像を連動させることで、元煉瓦倉庫の空間を生かした劇場型のインスタレーションとして、この場所ならではの新たな鑑賞体験を提案します。 3. 全シリーズのドキュメント資料を初公開 本シリーズでは、旅を通した様々な協力者たちとの出会いや交流から、物語、歌、絵画、映像が生み出されていきます。各地のコーディネーターや様々な研究者、ミュージシャンらとともに作り上げられた全シリーズの旅の記録写真や参考書籍などを初めて公開。作品制作の裏側や制作プロセスを通して、より多角的にシリーズの意味や可能性について考えます。 アーティスト紹介:小沢剛 / OZAWA Tsuyoshi 1965年、東京都生まれ、埼玉県在住。ユーモアを交えながら歴史や社会を鋭く批評する作品を絵画、写真、映像、インスタレーション、ワークショップなど、多様な手法で制作し、国内外で高い評価を得ている。第69回芸術選奨文部科学大臣賞受賞(2019年)。

    【応募締切】2020.10.05
    【当選発表】2020.10.07

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 岩手県

      non4188さん

    • 秋田県

      マサさん

    • 群馬県

      ヒロシですさん

  • 五衣唐衣裳装束のうち檜扇と唐衣・表着 東福門院御料 江戸時代・17世紀、京都・霊鑑寺 霊元天皇即位図屏風(部分)狩野永納筆 江戸時代・17世紀、京都国立博物館 飛香舎襖 江戸時代・19世紀、宮内庁京都事務所 皇居から京都へ 新たな世の始まりをことほぐ 天皇陛下の即位とともに元号が改まり、令和の世を迎えました。新たな世の始まりをことほぎ、皇室ゆかりの地である京都において、宮内庁が所蔵する名品を日本の宮廷で培われた文化とともに紹介する展覧会を開催します。宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の名だたる名品を中心に、皇室の名宝の数々が、京都でまとまって公開される初めての機会。皇室と縁を結んだ名品の数々をご堪能いただきます。

    【応募締切】2020.09.30
    【当選発表】2020.10.02

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 三重県

      東路さん

    • 大阪府

      カトレアさん

    • 大阪府

      あかなめさん

  • ©2019 Zhejiang Tianmao Technology Co., Ltd. & Zhejiang Tianmao Network Co., Ltd. & Youku Information Technology (Beijing) Co., Ltd. & Zhejiang Haoku Film&TV Co., Ltd. 「武則天」「ミーユエ」に続き、実在の女性ヒーローの一代記を描く、2020 年最高の本格歴史エンターテイメント! 「武則天-The Empress-」「ミーユエ 王朝を照らす月」など、実在した女性ヒーローを描く骨太かつ絢爛豪華な時代劇に、新たなる話題作が登場! 中国で視聴率の大台と言われる2.0%を超える高視聴率を叩き出して1 位を独走、さらに2019 年に放送されたドラマ平均視聴率も見事に1 位!(※1) 配信再生指数でも堂々のランキング1 位(※2)を獲得するなど、止まることを知らない勢いを見せつけた本作。 激動の明の時代、国を震撼させる政変で家族を失いながらも不屈の闘志で生き抜き、やがて明を救った伝説の女性となった孝恭章皇后。その波瀾万丈の生涯をダイナミックに描き、放送初回から話題騒然! (※1)2019 年5 大衛視ドラマ平均視聴率 (※2)YOUKU 調べ 『ラスト、コーション』タン・ウェイ、12 年ぶりのドラマ復帰&初の時代劇ドラマ!「孫子兵法」ジュー・ヤーウェンと2 度目の共演! 名匠アン・リー監督による『ラスト、コーション』で、1万人を超えるオーディションでヒロインに選ばれ、新人らしからぬ大胆な演技で全世界に衝撃を与えた女優タン・ウェイが、12年ぶりにドラマ出演を果たした本作。明朝初期に国の危機を救った実在の女性、孝恭章皇后に扮し、初の時代劇とは思えない堂々たる演技を披露! 10代後半から母となり皇后、そして皇太后となっていくまでの数十年間を演じきり、その卓抜した演技力と大女優のオーラで全視聴者を魅了した! また、明朝第5代皇帝・宣徳帝役には、「孫子兵法」『見えない目撃者』ジュー・ヤーウェン。タン・ウェイとは『黄金時代』以来2度目の共演で、互いの息もぴったり。 総製作費100 億円!超一流スタッフ陣が大スケールで荘厳華麗な“明朝絵巻”を描き出す! 集められたスタッフも超一流揃いで、モントリオール国際映画祭審査員大賞を受賞した『胡同(フートン)愛歌』の脚本家チャン・ティンが監督&脚本を務め、「大明王朝~嘉靖帝と海瑞~」「孔子」など重厚な歴史ドラマを演出してきたチャン・リーが芸術監督として参加。 STORY 1402年、建文帝から帝位を奪った燕王は先帝の忠臣を粛清し、明の第3代皇帝・永楽帝として即位。この“靖難の役”で両親を失い、4歳の妹と生き別れた8歳の若微は、孫愚の養女・孫若微として育った。18歳になった時、反乱軍の仲間とともに上京し、永楽帝の暗殺を試みるも失敗してしまう。 一方、永楽帝の孫でのちの第5代皇帝・宣徳帝となる朱瞻基は、祖父の命により秘密裏に反乱軍の調査を行っていた。その調査の最中に若微と出会った瞻基は、彼女を介して逃げ延びた建文帝の居場所を突き止めようと画策するが…。 激動の時代に3 人の皇帝を支え、やがて国の危機を救った伝説の皇后の物語が今、幕を開ける!

    【応募締切】2020.09.28
    【当選発表】2020.09.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 静岡県

      ウルマンさん

    • 熊本県

      ポンタロウさん

  • お客さまの声を聞いて作りました! ・スマホを見る際にわざわざ老眼鏡を取り出すのが面倒 ・外出先に老眼鏡をもっていくのが面倒 ・地図の縮尺あそのままで見たい時がある…など 8回の意見交換と28種類のアイデアの中から、必要なニーズに対応した機能を厳選し製品化! 【ルーペ】画面を大きく表示するルーペ。 【スリムデザイン】角度固定可能な折りたためる薄型ルーペ。使わない時は折りたたんでスリムに。 【フラットポケット】カードを収納しても凹凸が気にならない「フラットポケット」(1枚)を採用。 【ルーペ角度固定】角度が固定できるので、安定した状態で使いやすい。 【ストラップホール】ストラップを付けられるので、不意の落下や持ち運びに便利です。

    【応募締切】2020.09.28
    【当選発表】2020.09.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      木漏れ日モモンガさん

    • 神奈川県

      まみさん

    • 大阪府

      ムックケンさん

  • お客さまの声を聞いて作りました! ・スマホを見る際にわざわざ老眼鏡を取り出すのが面倒 ・外出先に老眼鏡をもっていくのが面倒 ・地図の縮尺あそのままで見たい時がある…など 8回の意見交換と28種類のアイデアの中から、必要なニーズに対応した機能を厳選し製品化! 【ルーペ】画面を大きく表示するルーペ。 【スリムデザイン】角度固定可能な折りたためる薄型ルーペ。使わない時は折りたたんでスリムに。 【フラットポケット】カードを収納しても凹凸が気にならない「フラットポケット」(1枚)を採用。 【ルーペ角度固定】角度が固定できるので、安定した状態で使いやすい。 【ストラップホール】ストラップを付けられるので、不意の落下や持ち運びに便利です。

    【応募締切】2020.09.28
    【当選発表】2020.09.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      まだーむさん

    • 千葉県

      どっこいしょさん

    • 神奈川県

      たーちゃんさん

  • © 2020 Kamata Prelude Film Partners © 2020 Kamata Prelude Film Partners 作品解説 売れない女優マチ子の眼差しを通して、“女”であること、“女優”であることで、女性が人格をうまく使い分けることが求められる社会への皮肉を、周囲の人々との交わりを介在しながら描いていく。これを4人の監督が各自の手法でコミカルに描き、1つの連作長編として仕上げていった新しいタイプの作品。 監督には日本映画界の若手実力派監督が集結。最新作『静かな雨』が釡山国際映画祭上映、東京フィルメックス観客賞受賞など、国内外の注目を集める中川龍太郎、長編デビュー作『月極オトコトモダチ』がMOOSIC LAB グランプリ受賞、東京国際映画祭上映の穐山茉由、『Dressing Up』(第8回CO2助成作品、OAFF2012)で日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞受賞の安川有果、最新作『叫び』が東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞に輝いた渡辺紘文(大田原愚豚舎)が務める。 『飢えたライオン』で主演を務め、舞台、TVドラマなどでも活躍する松林うららが自身の地元である蒲田を舞台にプロデュースし、自らも出演。また、伊藤沙莉(『タイトル、拒絶』)、瀧内公美(『火口のふたり』)など、旬の俳優が名を連ねる。 STORY 第1番「蒲田哀歌」 監督・脚本:中川龍太郎 出演:古川琴音、須藤蓮、松林うらら オーディションと食堂でのアルバイトの往復で疲れ果てている売れない女優、マチ子。ある日、彼氏と間違われるほど仲の良い弟から彼女を紹介されショックを受ける。だが、その彼女の存在が、女として、姉として、女優としての在り方を振り返るきっかけとなる。 第2番「呑川ラプソディ」 監督・脚本:穐山茉由 出演 : 伊藤沙莉、福田麻由子、川添野愛、和田光沙、松林うらら、葉月あさひ、山本剛史 アルバイトをしながら女優をしているマチ子。大学時代の友人5人と久々に女子会をするが、独身チームと既婚チームに分かれ、気まづい雰囲気に。そこでマチ子は蒲田温泉へ行くことを提案する。5人は仕事、男性のことなどを話し合い、次第に隠していたものが丸裸になっていく。 第3番「行き止まりの人々」 監督・脚本:安川有果 出演 : 瀧内公美、大西信満、松林うらら、吉村界人、二ノ宮隆太郎、近藤芳正 映画のオーディションを受けたマチ子。セクハラや#metooの実体験やエピソードがあれば話すという内容だったが、皆、思い出すことに抵抗があり、上手く演じられない。そんな中、マチ子の隣にいた黒川だけは迫真の演技を見せる。マチ子は共に最終選考に残ったが・・・。 第4番「シーカランスどこへ行く」 監督・脚本:渡辺紘文(大田原愚豚舎) 出演 : 久次璃子、渡辺紘文 マチ子の実家は大田原にある。大田原に住む親戚の小学5年生のリコは、大田原で映画の撮影現場にいる。そこへとある映画監督が撮影現場の待合所にやってきて・・・。渡辺紘文監督ならではの視点で東京中心主義、映画業界、日本の社会問題批判を皮肉に表現し描く。

    【応募締切】2020.09.26
    【当選発表】2020.09.28

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 兵庫県

      むうちゃんさん

  • 作家:林真理子 イラスト:林真理子 「白蓮れんれん」原稿 「まるごと林真理子展」 作家・林真理子さん(1954 年山梨市生まれ)は、恋愛、家族、社会、歴史、古典文学など多彩なテーマの小説を描き、旺盛な執筆力で作家として第一線で活躍されています。 生い立ちから現在までの作家としての軌跡と、幅広い活動を紹介する林真理子さんの初の展覧会が開かれます。 略歴 1954年、山梨市に生まれ、山梨県立日川高等学校、日本大学芸術学部を卒業。コピーライターとして活躍後、1982(昭和57)年に初めて刊行したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう 』 がベストセラーとなる。 1984年、「星影のステラ」が直木賞候補となったことを機に執筆に専念。1986年、「最終便に間に合えば」「京都まで」で第94回直木賞を受賞し、作家としての地位を確立した。 その後も、1995年に『白蓮れんれん』で第8回柴田錬三郎賞、1998年『みんなの秘密』で第32回吉川英治文学賞、2013年『アスクレピオスの愛人』で第20回島清恋愛文学賞など多数の文学賞を受賞。2018 年には紫綬褒章受章。 『女文士』(1995年)、『 正妻 慶喜と美賀子』(2013年)など歴史上の人物を描いた評伝や 、『素晴らしき家族旅行』(1994年)、『下流の宴』(2010年)といった現代社会を鋭い切り口で描いた小説、「源氏物語」を題材にした『六条御息所 源氏がたり』(2010~2012 年)など 、多彩なテーマの作品を発表し続けている。 「週刊文春」「an-an」のエッセイや「週刊朝日」の対談などで、幅広い層から支持を得ている 。 日本文化の広がりと深まりを目的としたエンジン01文化戦略会議の幹事長を2012年より務め、2020年5月、女性として初めて日本文藝家協会理事長に選出される。

    【応募締切】2020.09.26
    【当選発表】2020.09.28

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      ゆきしろさん

    • 埼玉県

      所沢の隠居さん

    • 千葉県

      山男さん

    • 東京都

      タカトモさん

    • 兵庫県

      きたやんさん

  • 奥田小由女 海から天空へ 平成30年(2018) 個人蔵 【人形】樹脂、胡粉仕上げ、彩色 室瀬和美 柏葉蒔絵螺鈿六角合子 平成26年(2014) 個人蔵 【漆工】漆、鉛、螺鈿、蒔絵、乾漆 特別展 工藝2020-自然と美のかたち- 日本では、自然との共生による密接な精神的感性と固有の生命観が芽生えて我が国特有の工芸を発展させてきました。それは、長い歴史と文化が形成されるなかで、変化に富む地形と四季折々の気候、そして豊かな風土に育まれた自然観を要因とすることが大きいと考えられます。日本が世界に発信する芸術文化を牽引する現代の工芸を一堂に会する本展では、82名の作家らが自由な感性によって多彩な芸術表現を発揮した、優れた近年の工芸作品82件をご覧いただきます。連綿と継承された伝統を踏まえつつ、自然と美のかたちとの関係性を造形としたそれらは、日本人の自然への愛情や畏敬の念をもって新しい自然観が表されたものでしょう。

    【応募締切】2020.09.23
    【当選発表】2020.09.25

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      ムサシタケルさん

    • 千葉県

      桜さく子さん

    • 東京都

      ジュンママさん

    • 東京都

      かおりょうこさん

    • 神奈川県

      セレンディピティさん

  • 《ヘンリー8世》 King Henry VIII after Hans Holbein the Younger, probably 17th century(1536) ©National Portrait Gallery 《エリザベス1世》 Queen Elizabeth I by Unknown English artist (ca.1588) ©National Portrait Gallery 知れば知るほど面白い!肖像画で読み解く、ドラマティックな英国王室の歴史 遠く11世紀から現代まで、伝統を受け継ぎ、今もなお世界中の注目を集め続け、話題に事欠かない英国王室―約1,000年、幾度かの王家転変のなかで、傑出した人物たちが現れます。 6人の妻を持ち、絶対君主の名を欲しいままにしたヘンリー8世。宗教的混乱の中を奮闘、“ブラッディ・メアリー”の異名をとったメアリー1世。最強国スペインの無敵艦隊を撃退、“国と結婚”し生涯未婚を通したことから“ヴァージン・クイーン”と呼ばれたエリザベス1世。9人の子、40人の孫、37人の曾孫を持ち、18歳から63年間治世した“ヨーロッパの祖母”ヴィクトリア女王。そして現在の王であるエリザベス2世―。女王自身はもちろん、息子のチャールズ皇太子、孫のウィリアム王子、ヘンリー王子― ロイヤルファミリー全員が、日々のニュースにも頻繁に登場するほどの人気ぶり。このようなとてつもない人物たちが、英国王室の歴史を脈々と創ってきました。 今回、世界屈指の肖像専門美術館ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーより、テューダー朝から現在のウィンザー朝まで、5つの王朝の貴重な肖像画・肖像写真など、およそ90点が来日します。 本展では、作品の魅力と併せ、美しく気品に満ちた肖像画のモデルである王室の面々が辿った運命‥幾度となく映像化や舞台化され、いつの時代も世界中を虜にする「英国王室の物語」を存分にお届けします。 「肖像画には物語があるー」展覧会ナビゲーターは『怖い絵』の著者中野京子さん 歴史的背景を知って“絵画を読み解く”鑑賞の面白さを提案した中野京子さん(作家・ドイツ文学者)を展覧会ナビゲーターに迎え、中野京子さんの著書『名画で読み解くイギリス王家12の物語』(光文社新書)を展覧会公式参考図書としてコラボレーション。本展をさらにより深く、面白く鑑賞するためのナビゲートをしていただきます。 美しいポートレートにおさまる王族たちの、顔-。肖像画が写し取るその表情や佇まいはいったい何を語っているのかー。描かれた人物の個性や時代背景がわかりやすく書かれている本書を読んで作品を読み解いていくと、展覧会が何倍も面白くなることは間違いありません。 みどころ 肖像画には物語があるー描かれた人物の生き様、歴史的背景とともに作品を楽しむ 作品の魅力と併せ、美しく気品に満ちた肖像画のモデルである王室の面々が辿った運命、繰り広げられた人間模様に肉迫します。背景を知って観覧することでより深い鑑賞体験ができる画期的な展覧会です。 いつの時代も世界中を虜にする、英国王室の王と女王たち シェイクスピアの演目でも知られるヘンリー8世、歴史上もっとも著名な女王と言っても過言ではないエリザベス1世、そして現女王であるエリザベス2世。英国王室の中でも、約500年に亘るテューダー朝から現ウィンザー朝までの5つの王朝を紹介。今も昔も話題に事欠かない、とてつもない人物たちが脈々と創ってきた英国王室の歴史を肖像画でたどります。 ほぼすべてが初出品!英国王室史を映し出す肖像画と写真群 王や女王はもちろんのこと、その妃や家族たちの言動や芸術的活動、ファッションなどは日々世界の注目を集め続けています。波乱万丈な人生を送ったダイアナ妃、現代の王室人気を支えるキャサリン妃の貴重なポートレートも展示されます。

    【応募締切】2020.09.21
    【当選発表】2020.09.23

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      サーコさん

    • 東京都

      YRPさん

    • 東京都

      吉祥さん

    • 東京都

      えっこさん

    • 東京都

      eleeleさん

  • 宝島社 『免疫力をあげる東洋医学と漢方の図鑑』【3名様】 『免疫力をあげる東洋医学と漢方の図鑑』(宝島社) 中国も認めた 中医学界のトップが解説 中国では新型コロナウイルスに対する処方箋があり、すでに、多くの中国人がそれでウイルスを克服しています。中国の4千年とも、6千年ともいわれる漢方の歴史には、多くの感染症と向き合ってきた経験があります。その経験は、西洋医学の疫学以上の意味を持っているのです。 しかし、その中医学は中国でもギリギリ伝統を保っているような状態です。いま、その伝統を引き継いでいるのは、日本中医学会と数人の中国人しかいません。その伝統の、もっとも重要なポイントを、この一冊で紹介します。(まえがきより) 中国伝統医学(中医学)の素晴らしさ 多くの生薬には、さまざまな効能があり、さまざまな症状に効く。 しかし、多くの本は、通り一遍の紹介しかしないから、だれも、使うことができない。 この本では、生薬の効能から、注意点、使い分けのポイント、そして、現代医学で明らかにされた効用までを紹介する。 木本 裕由紀(きもと ひろゆき) プロフィール 日本中医学会代表理事(会長)。神戸大学医学部卒業。神戸大学大学院医学博士。市立宇和島病院の内科医、特定医療法人大道会大道病院内科部長を経て、平成17年9月に木本クリニックを開設。遡る平成14年に陸希先生(12代続く中医の名医の家系、現在中国四川省成都在住)に出会って以来、中国の伝統医学である中医学(漢方)の基礎を身につけ、平成22年5月に一般社団法人日本中医学会を設立、現在に至る。

    【応募締切】2020.09.19
    【当選発表】2020.09.23

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      Beardさん

    • 神奈川県

      てんのうもりさん

    • 大阪府

      ヘルスさん

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    あなたが最近つい衝動買いしてしまった広告やサイトを教えてください!(10/31まで)

    1つを選んで回答してください。








    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /