新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 」招待券【5組10名様】

鏑木清方 《築地明石町》1927(昭和2)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館©Nemoto Akio

鏑木清方 《新富町》1930(昭和5)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館©Nemoto Akio

鏑木清方 《浜町河岸》1930(昭和5)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館©Nemoto Akio

鏑木清方作 幻の名作、《築地明石町》 を新収蔵

東京国立近代美術館(東京・竹橋)では、近代日本画史に輝く名作、鏑木清方(かぶらき きよかた)(1878-1972)の《築地明石町(つきじあかしちょう)》(1927年)と、あわせて三部作となる《新富町(しんとみちょう)》、《浜町河岸(はまちょうがし)》(どちらも1930年)を今年6月に収蔵しました。
東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方は、美人画で上村松園(1875-1949)と並び称された日本画家です。1927年に発表された《築地明石町》は、帝国美術院賞を受賞し、清方を名実ともに日本を代表する画家のひとりに押し上げました。
この新収蔵の三部作を、2019年11月1日(金)から12月15日(日)まで、「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」を開催し公開します。幻の名作と言われてきた《築地明石町》が公開されるのは実に44年ぶりとなります。《三遊亭円朝像》(1930年、重要文化財)や《明治風俗十二ヶ月》(1935年)など、当館が所蔵する清方作品の名作も並ぶ特集展示を、どうぞ、ご期待ください。

「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 」招待券【5組10名様】

鏑木清方 《新富町》1930(昭和5)年 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館©Nemoto Akio

開催概要

  • 展覧会名
  • 「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」
  • 会 期
  • 2019年11月1日(金)~12月15日(日)計39日間
  • 会 場
  • 東京国立近代美術館 所蔵品ギャラリー 10室 (東京都千代田区北の丸公園3-1)
  • 休 館 日
  • 月曜日(ただし11月4日は開館、11月5日)
  • 観 覧 料
  • 一般 800(600)円 大学生 400(300)円
    *()内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込
    *高校生以下および18歳未満、障害者手帳等をお持ちの方とその付添者(1名は無料)
    *本展の観覧料で入館当日に限り同時開催の所蔵作品展「MOMAT コレクション」もご覧いただけます。
    *同時開催の「窓展(仮称)」 11月1日~2020年2月2日)は別途観覧料が必要です。
  • 無料観覧日
  • 11月3日(文化の日)
  • 主 催
  • 東京国立近代美術館、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
  • お問い合わせ
  • TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
  • 公式HP
  • https://www.momat.go.jp/
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    消費税増税に伴い、メインとする支払い方法は何ですか?

    集計期間:2019/10/02〜2019/10/31

    現金

    31%

    電子マネー

    17%

    スマホ決済

    6%

    クレジットカード

    46%

    合計投票数:818票

  • \ お得な情報を配信中! /