新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

企画展「日本画家 福田眉仙展」招待券【5組10名様】

《富士五湖》 絹本着色(六曲一双屏風) 1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵

《富士五湖図》 絹本着色(六曲一双屏風) 1947(昭和22)年 姫路市立美術館蔵

姫路市立美術館にて、明治から昭和にかけて活躍した日本画家・福田眉仙の作品約80点を一堂に展示する企画展「日本画家 福田眉仙展」が、10月10日(土)~11月15日(日)の期間で開催されます。
1940年に開催予定だった幻の東京五輪に向けて制作され、戦災により焼失したと考えられていた《富士五湖》の最初の作品と、1947(昭和22)年に再制作した作品の両方が一度に展示されるのは初めてとなります。

展覧会概要

福田眉仙は現在の相生市に生まれた日本画家です。久保田米僊、橋本雅邦に入門。日本美術院にも参加しました。1909(明治42)年、岡倉天心の勧めで中国に渡って各地を写生し、その成果は『支那三十図巻』 という大作の絵巻に仕立て上げられます。また1940(昭和15)年に開催が予定されていた東京オリンピックにあわせ、国立公園十二景を描いた連作屏風を制作し、海外からの訪問者に日本を紹介する展覧会の開催を企画するなど、旺盛に活動していました。 しかし横山大観との意見の相違などから、中央画壇からは遠ざかっていきました。また、戦災により多くの作品が焼失あるいは散逸し、作家としての全体像も見えにくくなっています。
岡倉天心が「南画に向いている」と評した眉仙ですが、その本質は米僊や雅邦から受け継いだ「写生」であり、作品の制作にあたっては対象を実際に見てスケッチしてから臨んでいたことがうかがえます。
本展では、当館で所蔵する国立公園十二景のひとつ『富士五湖』 や 『支那三十図巻』など眉仙の代表作を中心に、眉仙の作品を一堂に展示いたします。

福田眉仙プロフィール

赤穂郡矢野村(現相生市)に生まれる。本名周太郎。久保田米僊、橋本雅邦に学び、24,5歳の頃から絵画共進会、内国勧業博覧会等に出品し、度々受賞する。岡倉天心の勧めにより、1909(明治42)年中国に渡る。足掛け3年の滞在中、実際に目にした中国の風景を、数多くのスケッチに残す。帰国後、中国に題材をとった作品を次々と制作。特に山水風景をよくし、京都大覚寺、神護寺などの天井絵、襖絵なども描いた。

企画展「日本画家 福田眉仙展」招待券【5組10名様】

「日本画家 福田眉仙展」ポスター

開催概要

  • タイトル
  • 日本画家 福田眉仙展
  • 会期
  • 2020年10月10日(土)~2020年11月15日(日)
  • 休館日
  • 月曜日
    ※10月27日(火)、10月28日(水)は展示替えのため休室(常設展示室は開室しています)
  • 開館時間
  • 10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 会場
  • 姫路市立美術館 企画展示室(〒670-0012 兵庫県姫路市本町68-25)
  • 観覧料
  • 一般800(600)円、大高生600(400)円、中小生200(100)円
    ※()内は20名以上の団体料金
  • 問い合わせ
  • 姫路市立美術館 079-222-2288
  • 主催
  • 姫路市立美術館
  • 後援
  • 朝日新聞姫路支局、神戸新聞社、産経新聞社、サンテレビジョン、播磨時報社、播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、姫路シティFM21、毎日新聞姫路支局、読売新聞姫路支局、ラジオ関西
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    あなたが最近つい衝動買いしてしまった広告やサイトを教えてください!(10/31まで)

    1つを選んで回答してください。








    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /