新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

映画『私たちの青春、台湾』前売り鑑賞券【10組20名様】

© 7th Day Film All rights reserved

© 7th Day Film All rights reserved

映画『私たちの青春、台湾』

世界中どこにでも体制に反抗することを夢見る若者たちがいる。
不安定な台中関係下の台湾で、三人の若者の夢は実現したかに見えたが、結局は叶わなかった。
しかし、彼らは成長した。
純粋で世間知らずの私たちが、若さあふれる台湾の目撃者なのだ。

物語

2011年、私は魅力的な二人の大学生と出会った。
台湾学生運動の中心人物・陳為廷(チェン・ウェイティン)、台湾の社会運動に参加する人気ブロガーの中国人留学生・蔡博芸(ツァイ・ボーイー)。
私、傅楡は台湾のドキュメンタリー制作者だ。彼らが最前線に突き進むのを見ながらカメラをまわし、「社会運動が世界を変えるかもしれない」という期待が、私の胸いっぱいに広がっていた。
陳為廷は台湾の苗栗出身、いつも歌をうたい、ぬいぐるみを抱き眠る人懐っこい青年だ。14年、彼は立法院に突入した。
いつだって先陣を切って闘志を剥き出しにしていた彼は、林飛帆(リン・フェイファン)と共にひまわり運動のリーダーになった。
蔡博芸は中国の湖州出身、高校時代に民主や自由について漠然としたイメージを持ち、政治のあり方に関心を持つようになった。台湾で学生運動に参加し、文章を通してふるさとの人々に“民主”が台湾でどのように行われているか伝えたいと書いたブログが話題だ。大陸の両親からは毎日のように、お怒りの電話がかかってくるが、自分の意思は曲げず、著作は大陸でも刊行される人気ぶりだ。運動に参加する中で、「台湾人」「中国人」という言葉が叫ばれ、傷つきながらも台湾で出会った“民主主義“を彼女なりに貫こうともがいていく。
ひまわり運動を経て、立法院補欠選挙に出馬した為廷は過去のスキャンダルで撤退を表明。大学自治会選に出馬した博芸は国籍を理由に不当な扱いを受け、正当な選挙すら出来ず「おままごと」のような選挙で敗北する。
彼らの理想は実現するものだと信じていたが、しだいに失望の谷底へと落ちてゆく。
そして私は期待していた未来をなにも描けないまま、彼らを記録したテープだけが手元に残った。私はなにを期待したのか、私はなにを描きたかったのか、そして私たちはともに進み続けることはできるのだろうか--
これは台湾という息吹の中で、ともに未来を描き、迷い、空っぽになり、ともに理想求めもがく、私たちの青春の物語なのかもしれない。

映画『私たちの青春、台湾』前売り鑑賞券【10組20名様】

映画概要

  • タイトル
  • 私たちの青春、台湾
  • 劇場公開
  • 10月31日(土)より、ポレポレ東中野ほか、全国順次公開
  • 公式サイト
  • http://www.ouryouthintw.com/
  • 監督
  • 傅楡(フー・ユー)
  • 出演
  • 陳為廷(チェン・ウェイティン)、蔡博芸(ツァイ・ボーイー)
  • 後援
  • 台北経済文化代表処台湾文化センター
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    あなたが最近つい衝動買いしてしまった広告やサイトを教えてください!(10/31まで)

    1つを選んで回答してください。








    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /