新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

常設展示「徳川大坂城400年―なにわの人々は錦城(きんじょう)をどうみたか―」招待券【3組6名様】

大阪市指定文化財 大坂城跡本丸内出土三葉葵文鬼瓦
江戸時代 大阪市教育委員会蔵

大坂城番の御用宿の記録 文政2年(1819) 本館蔵

大阪歴史博物館 常設展示
「徳川大坂城400年―なにわの人々は錦城(きんじょう)をどうみたか―」

大阪歴史博物館にて、令和2年12月9日(水)から令和3年2月15日(月)まで、常設展示室9階・近世フロア内において、「徳川大坂城400年―なにわの人々は錦城をどうみたか―」が開催されています。常設展示観覧料のみで観ることができます。
今年は元和6年(1620)の江戸幕府による大坂城再築工事の開始からちょうど400年にあたる記念の年となります。江戸時代の大坂といえば「天下の台所」、「商人の町」と説明されることが多いですが、武士もまた大坂にとって重要な存在でした。その大坂で武士が拠点とした大坂城は、社会のなかでどのような意味を持ったのでしょうか。
今回は、江戸時代に「錦城(きんじょう)」と呼ばれ人びとに親しまれた大坂城が、さまざまな観点から紹介されています。この機会にぜひご観覧ください!

常設展示「徳川大坂城400年―なにわの人々は錦城(きんじょう)をどうみたか―」招待券【3組6名様】

大坂城普請丁場割之図 江戸時代 大阪府立中之島図書館蔵

開催概要

  • 名称
  • 常設展示「徳川大坂城400年―なにわの人々は錦城をどうみたか―」
  • 主催
  • 大阪歴史博物館
  • 会期
  • 令和2年12月9日(水)から令和3年2月15日(月)まで
    ※火曜日休館
    ※年末年始の12月28日(月)~1月4日(月)は休館
    ※一部、展示替えがあります。
  • 開館時間
  • 午前9時30分~午後5時
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 会場
  • 大阪歴史博物館 常設展示室9階 近世フロア「まちの生活」コーナー
    〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32
    電話06-6946-5728  ファックス06-6946-2662
    http://www.mus-his.city.osaka.jp/
    (最寄駅)地下鉄 谷町線・中央線「谷町四丁目」駅 ②号・⑨号出口
    大阪シティバス「馬場町」バス停前
  • 観覧料
  • 常設展示観覧料でご覧になれます。
    大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
    ※( )内は20名以上の団体割引料金。
    ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明証提示)、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
  • 展示資料数
  • 18件(44点)
  • 展示構成
  • 1.豊臣大坂城の最期
    2.徳川大坂城の築城
    3.大坂城には誰がいる?
    4.町人がみた大坂城
    5.維新を迎えた大坂城
  • 公式ホームページ
  • http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2020/tenjigae/201127.html
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    「2021年」に開催予定のイベントで楽しみなものは何ですか?(1/31まで)

    1つを選んで回答してください。








    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /