新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

特別企画展「大阪の近代化と町―水帳から公文書へ―」招待券【3組6名様】

大阪市中地区町名改正絵図 明治9年(1876)頃 本館蔵

地所家屋譲売買確証綴込 明治9年(1876) 本館蔵(野村吉夫氏寄贈)

大阪歴史博物館 特別企画展 「大阪の近代化と町(ちょう) ―水帳(みずちょう)から公文書へ―」

大阪歴史博物館にて、令和3年1月27日(水)から3月1日(月)まで、6階特別展示室において、特別企画展「大阪の近代化と町 ―水帳から公文書へ―」が開催されます。
本展は、江戸時代の町人身分の共同体であった町が、明治以降の近代化の過程でどのように変化したのかを、土地台帳である水帳や町人間の土地売買に関する書類といった、もともとは町で作成され、町に保管されていた資料などで確認しながら、明らかにしていきます。
本展では、明治12年から13年(1879~1880)にかけて町でおきた以下の三つの変化に注目します。
(1)水帳における土地所有者名義の切り替え作業(帳切(ちょうぎり))が終了すること。
(2)町が作成した水帳が区役所に「移管」され、公文書となったこと。
(3)町に町会という議会が導入されたこと。
本展では、この一連の変化を町共同体の解体過程と理解し、大阪における近代化の意味について考えます。

特別企画展「大阪の近代化と町―水帳から公文書へ―」招待券【3組6名様】

近江町会議所詰書物入(部分)  明治2年(1869)頃 個人蔵

開催概要

  • 名称
  • 特別企画展「大阪の近代化と町(ちょう)―水帳(みずちょう)から公文書へ―」
  • 主催
  • 大阪歴史博物館
  • 会期
  • 令和3年1月27日(水)から3月1日(月)まで
    ※火曜日休館
    ※ただし、2月23日(火・祝)は開館、2月24日(水)は休館
  • 開館時間
  • 午前9時30分~午後5時
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 会場
  • 大阪歴史博物館 6階 特別展示室
    〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32
    電話06-6946-5728  ファックス06-6946-2662
    http://www.mus-his.city.osaka.jp/
    (最寄駅)地下鉄 谷町線・中央線「谷町四丁目」駅 ②号・⑨号出口
    大阪シティバス「馬場町」バス停前
  • 観覧料
  • 常設展示観覧料でご覧になれます。
    大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
    ※( )内は20名以上の団体割引料金。
    ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明証提示)、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
  • 展示資料数
  • 約80件
  • 展示構成
  • プロローグ ―明治13年に町は姿を消した!?―
    1.町の形成 ―秀吉による城下町建設から道頓堀の開発まで―
    2.町の成熟 ―町の運営と機能―
    3.町の解体 ―水帳から公文書へ―
    エピローグ ―忘れられた町の「抵抗」―
  • 公式ホームページ
  • http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2020/osaka_kindaika.html
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    「2021年」に開催予定のイベントで楽しみなものは何ですか?(1/31まで)

    1つを選んで回答してください。








    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /