新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

ドキュメンタリー映画『けったいな町医者』映画『痛くない死に方』の映画ガイドブック『痛くない死に方読本』【1名様】

映画『けったいな町医者』

©「けったいな町医者」製作委員会

©須藤秀之

『けったいな町医者』イントロダクション

家が病室で、町が病棟や――尼崎の町医者の日常を記録したドキュメンタリー映画。
皆さんは、「町医者」「在宅医療」という言葉にどんなイメージをお持ちだろうか?
白衣を着て、美人の看護師を連れて、大きなカバンを持って、なんだか威張っている。
……そんなイメージをちゃぶ台返ししてしまう町医者が、尼崎にいた。
好きな物を食べたい。最期まで自宅で過ごしたい。痛くない死に方がしたい。
そんな患者さんと、家族の想いを守るために町医者は今日も全力で走る。怒る。泣く。歌う。看取る。
下町を舞台に、生と死を見つめる問題作。
長尾和宏は、映画「痛くない死に方」で奥田瑛二が演じた長野浩平役のモデル。

『長尾和宏』先生からのメッセージ

家が病室で、町が病棟や――尼崎の町医者の日常を記録したドキュメンタリー映画。
けったいな医者やなあ。この作品を観て、一番僕がそう思いました。
町医者という言葉を嫌う在宅医がいます。大病院の医者より下に見られる差別用語だと。でも僕は「町医者」にこだわりたい。その理由はこの作品を観てください。僕をこんな町医者に育ててくれた患者さんすべてに、感謝を込めて。


映画『痛くない死に方』

©「痛くない死に方」製作委員会

©「痛くない死に方」製作委員会

©「痛くない死に方」製作委員会

『痛くない死に方』イントロダクション

第22回上海国際映画祭 日本映画週間 特別招待作品
「病院」か「在宅」か
この映画は在宅医と患者と家族の物語である。
命あるものには必ず死が訪れる。それを誰も止めることは出来ない。
少子高齢化と核家族化に歯止めが効かなくなっている現代日本。高い経済成長を遂げ、あらゆる分野において世界トップクラスの裕福な国になった今も尚、意外にも人は自分の死に場所や死に方を自由に決めることは出来ないのではないか。
医学の進歩に伴い、「延命治療」が可能になった。そこにはかつてあった自然な死は最早存在しない。
昔の日本は死に方を選べなかった。生き方も同様かもしれない。
しかし選択肢が広がったはずの今も、人は死に方を選べないジレンマ、アイロニーを抱えてはいないだろうか。一見矛盾するようであるが、このことに本作は向き合いたい。
今だからこそ、人はどう死ぬべきなのか、当事者一人ひとりの判断に委ねられるべきであり、そこに自由があってもいいのではないだろうか。
在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏著の10万部売れたベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」をモチーフに高橋伴明監督が完全映画化。いつかは自分の親や自分自身に訪れる終期について考えさせられる、必見の一作が完成した。

『痛くない死に方』ストーリー

在宅医療に従事する河田仁(柄本佑)は、日々仕事に追われる毎日で、家庭崩壊の危機に陥っている。そんな時、末期の肺がん患者である井上敏夫(下元史朗)に出会う。敏夫の娘の智美(坂井真紀)の意向で痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく“痛くない在宅医”を選択したとのこと。しかし、河田は電話での対応に終始してしまい、結局、敏夫は苦しみ続けてそのまま死んでしまう。「痛くない在宅医」を選んだはずなのに、結局「痛い在宅医」になってしまった。それなら病院にいさせた方が良かったのか、病院から自宅に連れ戻した自分が殺したことになるのかと、智美は河田を前に自分を責める。在宅医の先輩である長野浩平(奥田瑛二)に相談すると、病院からのカルテでなく本人を見て、肺がんよりも肺気腫を疑い処置すべきだったと指摘される河田。結局、自分の最終的な診断ミスにより、敏夫は不本意にも苦しみ続け生き絶えるしかなかったのかと、河田は悔恨の念に苛まれる。2年後、河田は、末期の肝臓がん患者である本多彰(宇崎竜童)を担当することになる。果たして、「痛くない死に方」は実践できるのか。

ドキュメンタリー映画『けったいな町医者』映画『痛くない死に方』の映画ガイドブック『痛くない死に方読本』【1名様】

プレゼント

  • タイトル
  • 映画ガイドブック『痛くない死に方読本』
  • 定価
  • 本体1100円+税
  • 提供
  • ブックマン社

映画概要

  • タイトル
  • けったいな町医者
  • 出演
  • 長尾和宏
  • ナレーション
  • 柄本佑
  • 監督・撮影・編集
  • 毛利安孝
  • 制作会社
  • G カンパニー
  • 配給・宣伝
  • 渋谷プロダクション
  • 劇場公開
  • 2月13日(土)よりシネスイッチ銀座ほか
  • 公式サイト
  • https://itakunaishinikata.com/kettainamachiisha/

映画概要

  • タイトル
  • 痛くない死に方
  • 監督・脚本
  • 高橋伴明
  • 出演
  • 柄本佑、坂井真紀、余貴美子、大谷直子、宇崎竜童、奥田瑛二
  • 制作会社
  • G カンパニー
  • 製作
  • 「痛くない死に方」製作委員会
  • 劇場公開
  • 2月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか
  • 公式サイト
  • https://itakunaishinikata.com/
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    「2021年」に開催予定のイベントで楽しみなものは何ですか?(1/31まで)

    集計期間:2020/12/23〜2021/01/31

    「東京オリンピック」開催

    40%

    USJに新エリア「スーパーニンテンドーワールド」オープン

    6%

    NHK大河ドラマ『青天を衝け』開始

    13%

    海老名市に「ロマンスカーミュージアム」開館

    5%

    「シング2」「ファンタスティックビースト3」など洋画

    8%

    「るろうに剣心 最終章」「シン・ウルトラマン」など邦画

    7%

    その他

    21%

    合計投票数:980票

  • \ お得な情報を配信中! /