新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付中!

「相国寺・金閣・銀閣 宝物展 梅の余薫/相国寺の歴史と寺宝」招待券【5組10名様】

《渡唐天神像》 瑞渓周鳳賛 一幅 室町時代 紙本著色 十五世紀 鹿苑寺蔵

《徳川家康像》加藤栄蔵信清筆 一幅 絹本著色 江戸時代 十八世紀 相国寺蔵

「相国寺・金閣・銀閣 宝物展 梅の余薫/相国寺の歴史と寺宝」

「相国寺・金閣・銀閣 宝物展 梅の余薫/相国寺の歴史と寺宝」が、京都の相国寺承天閣美術館にて、2021年1月31日(日)から4月18日(日)まで開催されます。

相国寺の歴史と寺宝

相国寺は1392年に室町幕府3代将軍足利義満によって創建された禅宗寺院です。足利家の邸宅、花の御所の東に隣接し、義満以後、13人の歴代足利将軍の位牌を安置する塔頭がかつては存在していました。また、足利義満ゆかりの鹿苑寺(金閣)や足利義政ゆかりの慈照寺(銀閣)などが山外塔頭として名を連ねます。
相国寺承天閣美術館では、相国寺と相国寺派の塔頭の寺宝から相国寺の歴史と通観する展示が開催されます。今回はその第1弾、禅僧と梅の文化史をテーマとした企画と、相国寺の歴史を室町から近代までたどる企画をあわせて御覧いただけます。

梅と禅文化

鎌倉時代から室町時代にかけて、禅宗とともにもたらされた大陸の文化は、禅思想や日本の風土と相まって多彩な芸術文化を育んだ。本展では、梅と禅文化の関わりに着目。禅僧が描いた《墨梅図》、長谷川等伯《探梅騎驢図屏風》や狩野探幽《探幽縮図》などにみる近世に受け継がれた梅のイメージなど、梅にかかわる作品を紹介する。

寺宝とともにたどる相国寺の歴史

一方で相国寺僧は、各時代の権力者や、明治期における仏教を廃する運動から、寺域を守り続けてきた。会場では、重要文化財《寒山行旅山水図》や《足利義満像》、伊藤若冲《群鶏蔬菜図押絵貼屏風》といった相国寺とその塔頭、鹿苑寺、慈照寺の寺宝とともに、近代に至るまでの相国寺の歴史を概観する。

「相国寺・金閣・銀閣 宝物展 梅の余薫/相国寺の歴史と寺宝」招待券【5組10名様】

展示会概要

  • 展示会名
  • 相国寺・金閣・銀閣 宝物展 梅の余薫/相国寺の歴史と寺宝
  • 会期
  • 2021年1月31日(日)~4月18日(日) ※会期中無休
  • 会場
  • 相国寺承天閣美術館
  • 住所
  • 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル
  • 開館時間
  • 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
  • 入館料
  • 一般 800円、65歳以上・大学生 600円、中高生 300円、小学生 200円
    ※一般に限り、20名以上は団体割引で各700円
  • 問い合わせ先
  • 相国寺承天閣美術館
    TEL :075-241-0423
プレゼントに応募する
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    「2021年」に開催予定のイベントで楽しみなものは何ですか?(1/31まで)

    集計期間:2020/12/23〜2021/01/31

    「東京オリンピック」開催

    40%

    USJに新エリア「スーパーニンテンドーワールド」オープン

    6%

    NHK大河ドラマ『青天を衝け』開始

    13%

    海老名市に「ロマンスカーミュージアム」開館

    5%

    「シング2」「ファンタスティックビースト3」など洋画

    8%

    「るろうに剣心 最終章」「シン・ウルトラマン」など邦画

    7%

    その他

    21%

    合計投票数:980票

  • \ お得な情報を配信中! /