新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付中!

常設展示「建てる-大阪職人の道具と技-」招待券【3組6名様】

建具(障子)雛形 大阪歴史博物館蔵(江戸重徳氏寄贈)

建具製作用具 大阪歴史博物館蔵(江戸重徳氏寄贈)

常設展示「建てる-大阪職人の道具と技-」

大阪歴史博物館では、令和3年2月17日(水)から4月12日(月)まで、常設展示10階・9階・7階の各所において、「建てる-大阪職人の道具と技-」を共通テーマに館蔵資料の展示をいたします。

古来より海に開けた大阪は、大陸の先進技術を最も早く吸収し、展開する場所でありました。建築技術は四天王寺建立に始まり、難波宮、大坂城造営を経て現在へとつながっています。今回は、2020年12月に「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念し、当館所蔵品の中から、伝統的建築技術にかかわる道具、建具雛形、指図、考古資料などを展示いたします。

展示資料(展示期間)
(1)【職人の技巧と美】建具(たてぐ)雛形(ひながた) (2月17日(水)~4月12日(月) )
(2)【美と技を生み出す職人道具】建具製作用具 (2月17日(水)~4月12日(月) )
(3)【建築完成を願う大工の儀式】上棟式(じょうとうしき)道具 (2月17日(水)~4月12日(月) )
(4)【人々の信仰を集めた《四天王寺》】「輿上(よじょう)清雅(せいが)」より四天王寺 (2月17日(水)~4月12日(月) )
(5)【寺院建立を支えた瓦】「神咒寺(かんのうじ)灌頂堂(かんじょうどう)」瓦笵(がはん) (2月17日(水)~4月12日(月) )
(6)【難波の独創的デザイン】後期難波宮の重圏文鬼瓦 (2月3日(水)~4月12日(月))
(7)【職人と信仰】土蔵雛形 (2月17日(水)~4月12日(月))

常設展示「建てる-大阪職人の道具と技-」招待券【3組6名様】

重圏文鬼瓦 大阪市教育委員会蔵

開催概要

  • 名称
  • 常設展示「建てる-大阪職人の道具と技-」
  • 主催
  • 大阪歴史博物館
  • 会期
  • 令和3年2月17日(水)から4月12日(月)まで
    ※火曜日休館
    ※ただし、2月23日(火・祝)は開館、2月24日(水)は休館
  • 開館時間
  • 午前9時30分~午後5時
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 会場
  • 大阪歴史博物館 常設展示室10階・9階・7階
    〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32
    電話06-6946-5728  ファックス06-6946-2662
    http://www.mus-his.city.osaka.jp/
    (最寄駅)地下鉄 谷町線・中央線「谷町四丁目」駅 ②号・⑨号出口
    大阪シティバス「馬場町」バス停前
  • 観覧料
  • 常設展示観覧料でご覧になれます。
    大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
    ※( )内は20名以上の団体割引料金。
    ※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明証提示)、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
  • 展示資料数
  • 7件(約70点)
  • 公式ホームページ
  • http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2020/tenjigae/210204.html
プレゼントに応募する
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    「2021年」に開催予定のイベントで楽しみなものは何ですか?(1/31まで)

    集計期間:2020/12/23〜2021/01/31

    「東京オリンピック」開催

    40%

    USJに新エリア「スーパーニンテンドーワールド」オープン

    6%

    NHK大河ドラマ『青天を衝け』開始

    13%

    海老名市に「ロマンスカーミュージアム」開館

    5%

    「シング2」「ファンタスティックビースト3」など洋画

    8%

    「るろうに剣心 最終章」「シン・ウルトラマン」など邦画

    7%

    その他

    21%

    合計投票数:980票

  • \ お得な情報を配信中! /