新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

「近代日本洋画の名作選展 ひろしま美術館コレクション」招待券【5組10名様】

岸田劉生《支那服を着た妹照子像》1921年、油絵・カンヴァス

安井曾太郎《画室》1926年、油絵・カンヴァス

「近代日本洋画の名作選展 ひろしま美術館コレクション」

ひろしま美術館の日本洋画コレクションは、明治時代の巨匠黒田清輝の作品を出発点に、それ以降の大正、昭和への歩みをほぼ俯瞰できる近代日本洋画の流れをたどることのできる貴重なコレクションです。令和の時代になり、近代とりわけ明治以降の日本における西洋文化の受容を今一度検証する試みがなされています。

明治維新という劇的な時代の変革により大きく芽吹いていった、明治初期洋画は、イタリア人フォンタネージが工部美術学校で教鞭をとり、浅井忠や小山正太郎らの洋画家を育てました。一方明治20年以降新しい時代にふさわしい新しい絵画世界をつくり出す模索をはじめて、そこに登場するのがフランスで10年の留学生活を過ごしたラファエル・コランの弟子黒田清輝です。

本展では、浅井忠、小山正太郎、フォンタネージと共に来日した彫刻家ラグーザの妻 ラグーザ玉から黒田清輝、藤島武二の作品をはじめ岡田三郎助、青木繁など明治初期洋画の主要作家がそろい、殊に黒田の滞欧作の明るい色調の絵画はそれまでの作品に比べて新時代の絵画として画壇の中心となる強さをもって受け入れられました。また東京美術学校西洋画科教授となり指導者として清新な洋画を広め「近代洋画の父」と称され画家に対する社会的地位の向上に寄与しました。

「近代日本洋画の名作選展 ひろしま美術館コレクション」招待券【5組10名様】

展覧会概要

  • 展覧会名
  • 「近代日本洋画の名作選展 ひろしま美術館コレクション」
  • 会期
  • 2021年5月15日(土)〜2021年7月4日(日)
  • 会場
  • そごう美術館
  • 住所
  • 神奈川県横浜市西区高島2-18-1そごう横浜店 6階
  • 展示室
  • そごう美術館(横浜駅東口・そごう横浜店6階)
  • 時間
  • 10:00〜18:00
    ※そごう横浜店の営業時間に準じます。(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日
  • 会期中無休
  • 観覧料
  • 一般1,200円(1,000)円、大学・高校生1,000(800)円、中学生以下無料
    *消費税含む。
    *( )内は、前売および以下のカードをご提示の方の料金。[ミレニアム/クラブ・オンカード、セブンカード・プラス、セブンカード]
    *障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料。
    *前売券は、2021年5月15日(金)まで、そごう美術館またはセブンチケット、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあにてお取り扱いしております。
  • TEL
  • 045-465-5515
  • URL
  • 【そごう美術館 公式サイト】
    https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/
  • 主催
  • そごう美術館
  • 後援
  • 神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
  • 企画協力
  • 公益財団法人ひろしま美術館、青幻舎
  • 協賛
  • ㈱そごう・西武
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    あなたの好きな麺類を教えてください(5/31まで)

    1つを選んで回答してください。









    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /