新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付中!

特別展「あやしい絵展」招待券【3組6名様】

島成園 《無題》
大正7(1918)年、大阪市立美術館、通期展示

稲垣仲静 《猫》
    大正8(1919)年頃、星野画廊、通期展示

「あやしい絵」とは?

「あやしい」という言葉には、妖しい、怪しい、奇しいなどさまざまな漢字を当てはめることができます。

いずれにも共通するのが、「神秘的で不可思議」「奇怪な様子」という点でしょうか。

「美しい」だけでは括ることができない、グロテスク、エロティック、退廃的、神秘的、ミステリアスな作品、「あやしい絵」をご紹介します。

本展のみどころ

1、一度見たら忘れられない名画たち
日本近代の美術における美しさの「陰画(ネガ)」をご紹介。上村松園の《花がたみ》、鏑木清方《妖魚》等、「あやしい」魅力にあふれた作品が勢揃いします。

2、ディープな「あやしい」作品が盛りだくさん
甲斐庄楠音《横櫛》、橘小夢《安珍と清姫》、秦テルヲ《血の池》等、脳裏に焼きつくほど美しく強烈な「あやしさ」をそなえた作品が多数出品されます。

3、私たちをとらえて離さない「あやしい」物語
安珍・清姫伝説、「高野聖」等の物語はさまざまな作家を魅了し作品に展開されました。非現実であったり「あやしい」女性が登場したりする物語は、明治、大正期のみならず今の私達にも魅力的に映ることでしょう。

4、西洋美術も!
アルフォンス・ミュシャ、ダンテ・ガブリエル・ロセッティ、オーブリー・ビアズリー、エドワード・バーン=ジョーンズ等、日本の画家達に影響を与えた西洋美術の作品もあわせて紹介します。

特別展「あやしい絵展」招待券【3組6名様】

開催概要

  • 名称
  • 特別展「あやしい絵展」
  • 主催
  • 大阪歴史博物館、毎日新聞社、MBS
  • 協賛
  • DNP 大日本印刷
  • 出品協力
  • 京都国立近代美術館
  • 会期
  • 令和3年7月3日(土)から8月15日(日) 火曜日休館
    ※ただし8月10日(火)は開館
    前期:令和3年7月3日(土)から7月26日(月)まで
    後期:令和3年7月28日(水)から8月15日(日)まで
  • 開館時間
  • 午前9時30分~午後5時 (会期中の金曜日は午後8時まで)
    ※ただし、入館は閉館の30分前まで
  • 会場
  • 大阪歴史博物館6階 特別展示室
    〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32
    電話 06-6946-5728 ファックス 06-6946-2662
    http://www.mus-his.city.osaka.jp/
    (最寄駅)Osaka Metro 谷町線・中央線「谷町四丁目」駅 ②号・⑨号出口
    大阪シティバス「馬場町」バス停前
  • 観覧料
  • 【特別展のみ】大人1,500(1,350)円高大生1,100(990)円
    【前売券】大人1,300円高大生900円(4月3日から7月2日までの販売)、あやしいペア券2,200円(2枚1組4月3日から5月10日までの期間限定販売)
    【常設展との共通券】大人1,950(1,890)円高大生1,390(1,350)円
    ※()内は20名以上の団体料金
    ※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
    ※チケットの詳細・販売場所などは、展覧会公式サイト(https://ayashiie2021.jp)をご覧ください。
  • 出品数
  • 約160点 ※会期中、作品の一部展示替えがあります。
  • 公式HP
  • https://ayashiie2021.jp/
プレゼントに応募する
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    あなたの好きな麺類を教えてください(5/31まで)

    集計期間:2021/05/01〜2021/05/31

    冷やし中華

    16%

    そうめん

    9%

    うどん

    16%

    そば

    24%

    パスタ

    11%

    冷麺

    3%

    ラーメン

    16%

    焼きそば

    5%

    合計投票数:1102票

  • \ お得な情報を配信中! /