新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

特別展「大安寺のすべて―天平のみほとけと祈り―」招待券【2組4名様】

重要文化財 伝楊柳観音立像 奈良時代(8世紀) 奈良・大安寺【通期】

陶枕(大安寺旧境内出土) 中国・唐(8世紀) 奈良文化財研究所【通期】

2022年4月23日(土)~6月19日(日)の期間、奈良国立博物館にて特別展「大安寺のすべて―天平のみほとけと祈り―」を開催いたします。
わが国最初の天皇発願(ほつがん)の寺を原点とし、平城京に壮大な寺地と伽藍(がらん)を構えた大安寺。奈良時代、東大寺や興福寺などとともに南都七大寺の一つに数えられ、一時期を除き筆頭寺院としての格を有していました。1250年の時を経て今も大安寺に伝わる9体の仏像は、奈良時代を代表する木彫群の一つです。かつての伽藍の発掘調査で出土した品々からは往時の壮大な堂塔や華やかな営みの様子をうかがい知ることができます。また、菩提僊那(ぼだいせんな)、空海(くうかい)、最澄(さいちょう)をはじめ、1000人にも及ぼうかという国内外の僧侶たちがここに集い、後に諸方面で活躍しました。天智天皇の発願により造られたとみられるかつての本尊・釈迦如来像は、今は失われてしまいましたが、平安時代には奈良・薬師寺金堂の薬師三尊像よりも優れていると評され、古代から中世の仏像制作に影響を与えました。
本展では、まさに時代をリードする大寺院であった大安寺の歴史を、寺宝、関連作品、発掘調査成果など様々な角度からご紹介します。

展示構成

1章 大安寺のはじまり
2章 華やかなる大寺
3章 大安寺釈迦如来像をめぐる世界
4章 大安寺をめぐる人々と信仰
5章 中世以降の大安寺

特別展「大安寺のすべて―天平のみほとけと祈り―」招待券【2組4名様】

  • 展覧会名
  • 特別展「大安寺のすべて―天平のみほとけと祈り―」
  • 会期
  • 2022年4月23日(土)~6月19日(日)
    会期中に展示替があります。
    前期:4月23日~5月22日、後期:5月24日~6月19日
  • 会場
  • 奈良国立博物館 東・西新館
    (〒630-8213 奈良市登大路町50番地)
  • 休館日
  • 毎週月曜日 ※ただし5月2日(月)は開館
  • 開館時間
  • 午前9時30分~午後5時(4月29日~5月7日は午後7時まで)
    ※入館は閉館の30分前まで。
  • 観覧料金
  • 一般 1,800(1,600)円、高大生 1,500(1,300)円、小中生 800(600)円
    ※( )は20名以上の団体料金。
    ※障害者手帳またはミライロID(スマートフォン向け障害者手帳アプリ)をお持ちの方(介護者1名を含む)、奈良博プレミアムカード会員の方(1回目及び2回目の観覧)は無料(要証明)。
  • 主催
  • 奈良国立博物館、日本経済新聞社、NHK奈良放送局、NHKエンタープライズ近畿
  • 特別協力
  • 大安寺
  • 協力
  • 中川政七商店、奈良 蔦屋書店、日本香堂、仏教美術協会
  • お問合せ
  • ハローダイヤル 050-5542-8600
  • 奈良国立博物館ホームページ
  • https://www.narahaku.go.jp/
  • 展覧会詳細ページ
  • https://www.narahaku.go.jp/exhibition/special/special_exhibition/202204_daianji/
  • \ お得な情報を配信中! /